連載

バーをはしごする“ナンパ待ちコース”実施! 終電前のサシ飲みの誘いは行くべきか問題

【この記事のキーワード】

 とりあえず連絡先を交換して、一番早い私の終電が間もなくだったので解散。帰り道も「タクシーで送るって感じでもなかったよね?」「いや~でもやっぱ行っときゃよかったかな?」とか未練たらたら駅に向かいました。

 その間も「帰るの? 飲みに行こうよ」と彼からの追撃LINEが届きます。「他の2人次第」と返すと「32は困るから、行くなら2人で行こう」という返事でした。どうすればいいんだ……!! 結局、改札ギリギリまで悩み、家から遠いところでのタイマンだと「やっぱ無理!」って帰りたくなった時にキツイ! ということで終電に飛び乗りました。

 結果としては、電車に揺られるのもしんどいくらい相当お酒に酔っていたので「帰ってよかった!」なんですけど、さてこの交換したLINEはどうしようか。いや~まぁ東京だしな~と思いつつ、必死で名前をググってみてる私がいたりして。

 とりあえず、ハタチそこらじゃないんだから、ショットでエンジンかけようとするのはやめることにします。ここぞという時に正しい判断が出来る意識と、動ける元気がないと! 良い出会いがあっても意味ないからね! あと、周りの人ほっぽって自分だけ突っ走っちゃうし。でもな~、お酒の勢いがないと声かけられなかっただろうしな~。難しい問題です。

1 2 3

みほたん

自分の恋にはとびっきり不器用な自称恋愛マスター。 これまで恋愛についてあれこれネット上に書き散らかし気付けばアラサーになっていた。趣味はネットサーフィン、特技はネットストーキング。 難ありアイドル『オタフクガールズ』の貧乏担当としても活動中なので、そろそろ玉の輿永久就職をきめるべく日々出会いを探している。

twitter:@fukumoco

上京しました~お貧乏で大都会~