連載

勃たないからセックスできない…ED男子とのお付き合いで私が得たモノ

【この記事のキーワード】

 後になって友人たちに、彼のこのカミングアウトに対する私のリアクショを相談したところ、賛否がまっぷたつに分かれました。私は彼の身体を押し返して、

「病院へ行ってくれたのは、うれしい。でも、それを私にいわずにセックスしようとしたのは、心外です」

と伝えたのです。EDの話を持ち出した時点で、私はこれを「ふたりの問題」と認識していました。それなのに彼は、病院に行った(しかもその3カ月も前に)ことも、薬を飲んだことも告げなかった。それは私の目には、「ふたりでセックスできるか」ではなく、あくまで「セックスで俺が勃つか」だけを気にしているように見えたのです。

「男として、それはいえないよ~。そこはわかってやれよ~」というのが、男友だちの意見。そ、そうなんだ……。自分のEDといっさい向き合わず、でもフェラチオで自分の性欲は解消し、いわれたからようやく重い腰をあげて病院に行ったはいいけど、病院に行ったことも薬を飲んだこともアドバイスをくれた彼女と共有しようとせず、まるでEDの事実などなかったようにセックスしようとする男を、私はさらにフォローしなければいけないんだ……。

 勃起しない=男としての価値が低い、と私は微塵も考えていませんが、彼にとっては恥ずべきことだったのでしょう。それがいかにデリケートな問題であるかは、わからなくもありません。じゃあ、彼女にいわれる前に病院に行っとこうよ。ふたりの問題になる前に、自分事(ごと)として解決しておこうよ。私の口から言わせた時点で、ふたりの問題になったんだから、そこはホウレンソウ(報告・連絡・相談)してくれないと! と、ものすごい反発心が生まれてしまったのですが……私、そんなに身勝手だったかなぁ。

 いまだ答えはでませんが、その夜はとにかく納得できなかったので、「日を改めてトライしましょう。今夜はこのまま寝る!」と宣言して、ひとりで寝入ってしまいました。結局、彼とはその後、別の理由で別れることになりました。一度もセックスしないまま……。ここでその詳細は書きませんが、もしもっと早い段階から、言葉だけじゃなく身体でもコミュニケーションを取れていたら、乗り越えられたのではないかと思っています。

 EDが悪いわけじゃない、膣内射精障害もなってしまったものはしょうがない。でも、それにどう対処するかで男女ともその人となりがあぶり出されるし、ふたりの関係性も浮き彫りになるんだなぁと感じた一件でした。EDは軽い問題ではないので、それを乗り越えるには私たちの関係はまだ希薄すぎたのです。まとめサイトで「俺もED!」「俺も膣内射精障害!」と盛り上がっていた男性の方々、そうやって笑い飛ばしたい気持ちもわからなくはないですけど、パートナーがいるなら、“勃たない俺・イケない俺”を茶化してる場合じゃないですよ。自分ひとりの問題だと思ってる段階で、アウトです。

 

■桃子/オトナのオモチャ130種以上を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。ブログtwitter

backno.

1 2

桃子

オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

@_momoco_

Facebook