連載

チェック模様は恋模様…ネクラ女のバレンタインエピソード「ディプロマットケーキ」

【この記事のキーワード】

「ディプロマットケーキ」
材料(15cmの丸型1個分)
★ココア生地分

薄力粉 30g
アーモンドプードル 20g
純ココア 20g
スイートチョコ 10g
バター 25g
2個
グラニュー糖 40g
あんずジャム 適量

 

★プレーン生地分
薄力粉 30g
アーモンドプードル 20g
ホワイトチョコ 20g
バター 25g
2個
グラニュー糖 40g
あんずジャム 適量

 

★ガナッシュ(コーティング用のチョコ)
スイートチョコ 200g
生クリーム 100cc
グランマルニエ 大さじ1弱(量はお好みで)

 

 

 

 

IMG_5028
集合写真
今回はお湯をたくさん使うので、鍋ややかんには常に熱いお湯をご用意くださいな。
湯煎用です。
卵は室温に戻しておきます。

 

 

img_4634
型紙を作ります。
厚紙から円をくり抜き、
表面を漂白剤を染み込ませたクッキングペーパーで拭いて乾かしておきます。
ここでは直径5cmと9cmの型紙を用意しました。

 

 

IMG_5019
「型紙なんて面倒だ~」「コンパスなんて捨てたよ~」
……という方にはこちら。
ポン! とくり抜く型がありますぜ。

 

 

IMG_5031
ケーキ型にバターを分量外塗り、薄力粉をまぶします。

 

 

IMG_5033
奥から、薄力粉・純ココア・アーモンドプードル。

 

 

IMG_5034
まとめてしまえ~!

 

 

IMG_5035
グラニュー糖

 

 

IMG_5036
10gごとにパキッと折れるチョコ。便利~。

 

 

IMG_5037
刻みます。

 

 

IMG_5043
同じ要領でプレーン生地分の粉も量っておきます。

 

 

IMG_5046
ホワイトチョコ。同様に刻んでおきます。
しっとりうっとり。

 

 

IMG_5040
卵2個とグラニュー糖。とりあえずココア生地分のみ。

ココア生地分は膨らみにくいので先に泡立てました。腕が元気な状態でしっかり泡立てたい!
プレーン生地は膨らみやすいので気楽に泡立てられます。

1 2 3 4

自意識和代

人の好意をなかなか信じられず、褒め言葉はとりあえず疑ってかかる。逆にけなし言葉をかけられて「なんて率直なんだ!」と心を開くことがある。社交辞令より愛あるdis。愛がなければただのdis。凹んじゃうよ! ラブリーかつ面倒なアラフォーかまってちゃんである。