ゴシップ

城島茂が25歳年下彼女と6月入籍の報道、「加藤茶・綾菜夫妻みたい」批判

【この記事のキーワード】
右:加藤綾菜Instagramより

右:加藤綾菜Instagramより

 TOKIOのリーダー城島茂(47)の結婚が近いと噂されている。お相手は2017年6月に「女性セブン」(小学館)に会員制バー及びしゃぶしゃぶ店でのデートを報じられたグラビアアイドル・菊池梨沙(22)だ。一時は破局したそうだが復縁し、3月20日発売の「女性自身」(光文社)ではすでに城島の自宅マンションで同棲していること、菊池の誕生日がある6月に入籍するのではないかと伝えられている。

 昨年の報道時点で、城島は周囲に「結婚したいねんなあ」と漏らし、すでに親にも彼女を紹介済みと結婚の意思をうかがわせていたが、「女性自身」によれば城島は新車購入・広めのマンション購入・左手薬指にお揃いの指輪と完全に結婚を意識しているのだろう。一部ではあまりに年の差があることなどから菊池が城島の財産狙いなのではないかとよからぬ噂もあったが、同誌はこれも否定。菊池の実家は資産家で、城島はむしろ逆玉の輿なのだという。

 アイドルではあるがTOKIO城島茂といえばメンバーからもファンからもおじいちゃん呼ばわりされ愛される存在。結婚カウントダウンを多くの人々はネット上で祝福している。しかし後出し情報である「菊池の実家が資産家」という話が妙にひっかかる敏感なネットユーザーもおり、「どこか、加藤綾菜を連想させる」といぶかしむ声が出ている。

 加藤茶(75)と加藤綾菜(29)は45歳もの歳の差から、2011年の結婚から何年もの間、財産狙いの介護婚ではないかと心ない噂が絶えなかった。綾菜夫人もまた広島の実家は資産家でお嬢様だという情報があったが、綾菜夫人の手料理が塩分過多であるとか、綾菜夫人の友人が半グレのようで怖いだとか、加藤茶が謎のオリジナルソング「ガーリックトーストとビーフシチューの歌」を放心状態で歌わされているだとか、散々こき下ろされたものである。あれはあれで、一つのムーブメントとなり、多くのネットユーザーの興味関心を集めていた。

 しかし加藤夫妻の「炎上騒動」も今はすっかりなりを潜めた。単純に飽きられた、興味関心の対象が次から次へと移ろいゆくこともあるだろうが、結局のところ加藤茶は綾菜夫人と元気に仲良く暮らしており、ブログも「ネタ」になるような奇怪なことはもはやないのである。結婚時は68歳で、大病を乗り越えた後であり健康不安が囁かれていた加藤茶だが、今はだいぶ良好な様子だ。

 城島茂ももし結婚となれば、その時は多少騒がれるかもしれないが、おそらく時間の経過とともに喧騒は消えるだろう。そして城島と彼女の関係が「加藤茶と綾菜」のように見えたとしてもなんら心配に及ぶことはない。