インタビュー

ホストに数千万円も貢ぐ女性は不幸? 「お金使って後悔したことない」女性と担当ホストの円満すぎる関係性【インタビュー】

【この記事のキーワード】

恋人でも家族でもない、不思議な関係

――2人の関係って、友営(※友達営業)とも色恋(※色恋営業)とも、本営(※本当の彼女のように接してもらう営業)とも例えにくいですよね。自分たちはどういう関係だと思っていますか?

尋代表・アヤコさん う~~~ん。

アヤコさん え~? なんだろう。

――金銭が発生しているので、営業ではあると思うんですけど、もはや営業という言葉が似合わない関係ですよね。

尋代表 う~ん、なんですかね。周りから見たら、ホストとお客さんの鑑なんじゃないですかね。ホストとしての鑑と、お客さんとしての鑑、みたいな。正直、俺はそういう風になりたいと思っていますし。

――じゃあ、これからも変わらず、平穏に。

アヤコさん そうですね。変わらないと思います。

尋代表 何が起こるかわからないですけどね。

――もし、もしですけど、尋代表がネットで大炎上したらどう思いますか。

アヤコさん う~~ん。でもしなそう(笑)。

尋代表 どんなふうに炎上したら、本当にもう嫌だってなるのかな。裏でアヤコちゃんの悪口言ってたよとか? そういうのも多分、信じないと思うんですよ。

アヤコさん なにか書かれて、気になったら多分本人に聞きますね。別にそれが嘘でも本当でも、聞いたことに答えてくれたら、それで納得することになると思います。

――最後に尋代表の好きなところって聞いてみてもいいですか?

アヤコさん え~なんだろう。でもここで「顔」って言ったら面白いですよね。

――まさかの(笑)!

アヤコさん でも、信用させてくれるところ、ですかね。

ホストに数千万円も貢ぐ女性は不幸? 「お金使って後悔したことない」女性と担当ホストの円満すぎる関係性【インタビュー】の画像5

本当に信頼し合っているんですね~。

 

まとめ

 ホストとホス狂いの中には、パワーバランスがホストに偏りすぎているケースが見られます。ホストの中でお金を使うことが当たり前になっていて、自分のお客様にお金を使わせるのを強要したり、ホストで使うためのお金を風俗などで稼ぐよう強要したり。しかし、尋代表とアヤコさんの場合は、パワーバランスが均等(に見える)なので大きなトラブルなく上手く行っているのかもしれません。

 ホストクラブに足を踏み入れたことがない人からしたら、ホストに大金を使う女性は理解しがたいかもしれません。ホス狂いの中にはそれで不幸になる子もいますが、尋代表とアヤコさんのように、当人たちが幸せに楽しくやっているパターンもあるんですね……! これからも2人が幸せな日々を送ることができるよう、祈っています。

(写真=石川真魚)

1 2 3 4

月島カゴメ

アニメもゲームもBLも嗜む雑食系オタク。最近はキッズアニメ(プリパラ)を見ている時が一番楽しい。オタクのくせに変な行動力がある。なお、貞操観念はほぼない。元風俗雑誌編集で元ホス狂い。

twitter:@kaaagome_