ゴシップ

米倉涼子がまるで浜崎あゆみ!? ぶりっ子口調、キョトン顔、天然発言連発の異常事態

【この記事のキーワード】

 その後、米倉涼子がお土産として持ってきたカヌレを明石家さんまと食べていると、さんまがトーク中にも関わらず、突然席を立ってセットのキッチンへと向かった。米倉涼子いわく皿を取りに行ったそうだが、明石家さんまに「どこ行くねんお前!」と突っ込まれた際には、照れたようにいたずらな笑顔を浮かべていた。

 他にも、席についてすぐに明石家さんまから離婚の話を振られると「一番最初に話すことがこれだとは思ってませんでしたぁー」とちょっと不貞腐れたように語尾を伸ばしてみたり、米倉涼子のCM出演が少ないという話の際には、明石家さんまが「それは米倉のギャラが上がったからや」「俺も異様に少ないねん」と言うと「すごい高い、の?」と目をまん丸にさせ、『TOKIOカケル』同様のキョトンとした表情を浮かべた。

 米倉涼子は、自身が給料制のため他の芸能人のギャラはわからないと語っていたが、1992年の「国民的美少女コンテスト」にて審査員特別賞を受賞してから今年で26年。さすがに明石家さんまのギャラが高額なことくらいは知っているはずであり、その姿は天然を装っているように見えてしまった。

 以前、『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)に出演した際には、「男性に食事を奢ってもらうのは当たり前」と主張する女性と口喧嘩になって泣かせるなど、勝ち気でサバサバした印象が強かった米倉涼子。しかし、今回2番組で見せたぶりっ子口調やキョトン顔、大袈裟なリアクションに天然発言と、17年に立て続けにバラエティ番組に出演して炎上した浜崎あゆみ(39)を彷彿させるものだった。40歳を過ぎて性格が丸くなったのかもしれないが、この大幅にも思える路線変更は吉と出るのだろうか。米倉涼子の今後から目が離せない。

(夏木バリ)

1 2