連載

乱交パーティ映画『愛の渦』を大プッシュ! ゲスな欲望と共鳴する喘ぎ声

【この記事のキーワード】

 同作品では、意外な人が意外な喘ぎ声をあげます。自分の中に巣食っている屈託を大きな声で祓うと同時に、快楽に没頭するため自分自身を励まし、後押ししているような……私はそんな印象を受けました。誰に何と思われようとおかまいなしでアンアン喘ぐって、気持ちよさそーー!! 羨ましいかぎりです。

 さて、ここでバイブコレクター的余談をひとつ。乱交パーティを盛り上げるための小道具として、バイブレーターが数本、登場します。そんなにきっちり映ったわけではないので、見極めるのが難しいのですが、たぶん1本はコレだと思うんですよねー。

 

momoco32b

綺麗な色合いが特徴。PicoBong「イニィバイブ」

 曲線的でかわいいフォルムのラブグッズが揃う「PicoBong」シリーズのアイテムで、初心者でも使いやすい1本タイプです。国内外の素敵なブランド・バイブがたくさん販売されている昨今にあっても、「お洒落すぎて、エロい道具だってわかりにくい」という理由から、こうした映像作品では、古典的でベタなバイブが使われるのが通例。女子目線のバイブが当たり前のようにこの手の映画に登場するのは、まだまだ先のことのようですね。残念な話です。

 123分という、ちょっと長めの上映時間。そりゃムラムラする時もありましたが、強烈な喘ぎ声に驚いたり、露骨なセリフに微苦笑をしたり、ゲスい台詞に眉をひそめたり、気持ちよさそうに腰を振る姿を羨ましく思ったり……あ~、忙しかった! 観終わった後は、自分もそのサークルに参加して、一晩中、大騒ぎしたかのような気だるさが身体に残りました。そういう倦怠感って……悪くないですよね。

『愛の渦』http://ai-no-uzu.com/
3月1日より、テアトル新宿他にて公開。もちろんR18指定。
原作・脚本・監督:三浦大輔
出演:池松壮亮/門脇 麦/新井浩文/滝藤賢一/三津谷葉子/窪塚洋介/

 

■桃子/オトナのオモチャ130種以上を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。ブログtwitter

backno.

1 2

桃子

オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

@_momoco_

Facebook