連載

ワンオペ育児にセックスレス、不倫したけど満たされなかったワーキングマザーの行き詰まり

【この記事のキーワード】

---------------------------------------

 ワンオペ状態で子育てをしつつ、お仕事もされているなんて! 毎日、本当にお疲れ様です。セックスレスからの不倫を経験して「寂しいからセックスに依存したくなるだけで、本当は優しくされたり、ただ大事に触れられたりするだけで十分」と、自分が本当に求めていることを冷静に判断できるKeiさんはとても聡明な女性だと思います。そのことに気づけず、本当はしたくもないセックスを繰り返す人もたくさんいます。

 Keiさんが優しくされたい相手は、ご主人ではないですか? Keiさんはご主人に対して「優しさがないことは諦めて受け入れています」としている一方で、「一人で子供と向き合ってることに限界を感じ、寂しくて虚しい」とも感じていますよね。どう考えても「私と夫との関係にも、どうしようもない問題があるわけではない」という状況ではないと思います。

 実際のところは「問題があるわけではないと思いたい」「『問題がない』と思い込まなければ、やってられない」のではないですか? ツライ現実を認めるのって、本当に勇気がいることです。ただ、ここで現実に向き合わなければ、Keiさんの不満はどんどん大きくなり、心身ともに悪影響が出てくる可能性も大いにあります。

 Keiさんお一人で子育てやお仕事について抱え込んでいることは、夫婦で考えるべき大きな問題です。もし、このままの状態が続いてKeiさんが倒れたりでもしたら、一家は立ち行かなくなるかもしれません。そうなる前に、ご主人にこの状況が危機的であると自覚させられれば良いのですが……。今後、たった数時間でもご主人が家族との時間を大事にしてくれたり、お子さんと向き合ってくれたら、Keiさんは精神的にかなり楽になるんじゃないでしょうか。

 Keiさんのご主人は、聡明なKeiさんと比べると物事を察したり共感する能力が低いのかもしれません。その場合、わかりやすく細かく、一つ一つ説明しない限り、1ミリも伝わらなかったりします。我慢に我慢を重ねて、相手の立場や負担を考えて何も言わないだけだったとしても、相手は何も言わない=まったく不満はないのだろう、と解釈したりします。そして意を決して本音を打ち明けると「えぇーーー! そうだったのーー? 早く言ってよ!」とこちらが拍子抜けするような反応が返ってくることもあります。

 Keiさんのご主人がどんなタイプなのかはわかりませんが、やはり思ったことは言葉にしなければ伝わりませんし、自分がツライ時はSOSを出すしかありません。ご主人は、Keiさんが<育児でボロボロだけど、この先もセックスしたいとか、愛しあいたいとか、いろいろ悩んで頑張ったこと>にも気付いていないのではないでしょうか。離婚する気がないなら尚更、「こういう人だから仕方ない」と無理に割り切ろうとせず、セックス以外の面でぶつかってもいいんじゃないですか?

 

<ロリルミに聞いて欲しいお悩み、ご相談がある方は、以下のフォームからお便りをお寄せください>

113.33.254.170

1 2

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。