カルチャー

低周波刺激でオナニー!! 膣内にバチバチ、ジュワ~ッと未知なる快楽を…「mystim Tickling Truman」バイブレビュー

【この記事のキーワード】

 淑女の皆様、秋の夜長にいかがお過ごしでしょうか。気候は日に日に肌寒くなっても、火照ったカラダを持て余しているという貴女……ちょっぴりセンチメンタルな夜にぴったりの相棒、見つけました。

医療機器メーカーの技術とノウハウ搭載のハイテクバイブ

 こちらが、「mystim Tickling Truman」(マイスティム ティックリング トルーマン)。太く逞しく、規格外のボリューム感を持った……ドイツ生まれの高性能バイブレーターです。まずひと目見たその印象は……デカい!!

ドイツ生まれのハイテクバイブ「mystim Tickling Truman」。もちろん完全防水!!

ドイツ生まれのハイテクバイブ「mystim Tickling Truman」。もちろん完全防水!!

 こんなにボリューム感のあるバイブ、生まれて初めてお目にかかりました。「mystim」は全長27cm、太さ4.3cm―――日本人のおちん○んの平均は13.5cm(勃起時)というのが通説なので、「mystim」がいかに猛々しいのかは想像に難くないでしょう。もちろん、太さや長さよりも硬さ重視という女性も大丈夫。医療用シリコンを使用したボディは、もうカッチカチの黒光りです。

 もちろん見た目だけでなく、機能面も優秀。バイブレーションモードでは8パターンの振動と5段階のスピードで多彩な攻めを魅せてくれます。

 電気治療機器メーカーの技術とノウハウが搭載されている「mystim」。低周波刺激を味わえる「E-stim」モードには期待大です。「E-stim」モードでは、微弱電流がシリコンを通して膣内を刺激し、振動とは異なる、ピリピリとした新感覚の快感をもたらしてくれるのです。未知の快楽がここに……!

 「mystim」、いったいどんな暴れん棒なのか……期待が高まります。

いざ、挿入!!

 それではさっそく、「mystim」のお手並み拝見といきましょう。

 「mystim」を膣口にあてがい、ゆっくり、ゆ~くりと「mystim」を挿入していくと、膣口を押し広げる感覚がもうスゴイ。これだけで、太さ・長さ・硬さの3拍子揃った存在感をフルに感じられ、膣内がキュンキュンしちゃいます。ああ、これからどうなっちゃうの……!?

テクニックをいかんなく発揮するバイブモード

 まずはバイブレーションモードから試していきましょう。スイッチを入れ……振動スタート!

 ん~……! パワフルそうな見た目のくせに、なかなかどうして繊細な振動。音も極めて静かです。とはいえ刺激は力強くて逞しく、かなりのテクニシャンであることは間違いありません。バイブをピストンさせてみれば、太く大きい存在感と振動のコラボが膣の最奥で鳴り響き……ものの数秒、「あ、これクる」って思うと同時にイきました。

 「話盛ってるだろ!」ってお叱りを受けそうですが、ガチです。すぐイキます!! 「mystim」を挿入しながら奥をゴリッと突き、ナカをすくいあげるようピストンさせる(筆者的にいちばん気持ちのいいやつ、オススメ)と、いても立ってもいられない快感が一瞬にして押し寄せ、アッと言う間に達していたんです……!

ストレートタイプなので、膣内を擦る面積も広いんです。

ストレートタイプなので、膣内を擦る面積も広いんです。

 か、完全降伏とはまさにこのこと。まるで嵐のような快楽に身を揉まれた瞬間でした。 しかし、ただの力技で強引にイカされたという不愉快さはなく、しっかりとしたテクニックと情熱を持ち合わせた男根に、女の悦びをしかと叩き込まれたという感じ。

 あと、筆者は勢い余って初めから強めの振動で快楽を貪ってしまったので、「もっとじっくりと悦びを味わいたい」というムッツリさんは、まずは低刺激モードをオススメします。手元のボタンで調節可能なのでラクチン。いずれにせよ「mystim」、かなりのテクニシャンです。

電気刺激にじっとりなぶられる!! 「E-stim」モード

 そしてお待ちかね、「E-stim」モードで未体験の電気刺激を試してみましょう。こちらも動作そのものは穏やかで……膣内に感じるのは、ジンジンとした独特な刺激。びっくりしたのは、「mystim」を挿入しているだけで膣内が勝手に収縮してしまうこと……! 刺激は膣内から全身にジワ〜っと広がっていき、身体中がしっとりと汗ばんできます。電気といっても大味な刺激ではなく……喩えるならば、好きな人に時間をかけて愛されているときのような、ロマンチックな心地の良さ!! じっとりとなぶられていくような、クセになる快感です。これ、ほかのどんなオナニーでも味わえない刺激かも……。

 「E-stim」モードには5種類の刺激パターンを搭載されており、バチバチと弾けるような感覚も味わえます。もちろん、痛みや違和感は一切ありません。刺激に膣が呼応するように動いて収縮し、キューッと締まるので、パッと弾ける火花のようなイキ方が味わえます。低周波の電気刺激が身体に直接働きかけるスゴサを実感……。

 じっくりとした快感も、目が覚めるような刺激も、「E-stim」モードで得られるエクスタシーは、どちらも愉しめます。

 そしてなんと、バイブモードと「E-stim」モードの併用も可能!! 振動と電気刺激、ふたつが同時に楽しめます。パワフルに突かれながらも、じっくりとなぶられる……という、どこか優しさを感じる情緒あるオナニーになりますね。

オナニーしながらの膣トレモードも搭載

 「E-stim」モードには、話題の膣トレーニングにも効果アリということも嬉しいです。低周波が骨盤底筋を刺激することで膣を鍛え、ゆるみの防止や改善につながるのです。膣トレモードを起動させた「mystim」は、挿入しているだけで、膣が自然と収縮します。身体の奥(両脚の付け根の真ん中あたり)に、ジンジンとした感覚が起こり、あ~身体の内側から刺激されているんだな~……と効果を実感。とはいえ、これ、気持ちいいんだけど……本当にトレーニングになってるのかしら……? なんだか申し訳ない気分にさえなるのですが、オナニーしながらの膣トレとは一石二鳥。「名器」を目指す淑女にとってはマストのたしなみといえるでしょう。

充電式なのも嬉しいです。フル充電で3時間作動というパワフルさ!! 

充電式なのも嬉しいです。フル充電で3時間作動というパワフルさ!!

 ここまで、「mystim」の威力を皆さまに知っていただきたく、滔々と説明や感想を述べ、あえてこの言葉を口にしませんでした。しかしですね、やっぱり一言で申し上げるなら、「mystim」、「気持ちいい」です。百戦錬磨の皆さまをして、「こんなの初めて……」なんて生娘のようなセリフを吐かせること間違いありません。

 これはまさにオナニーライフの技術革命。「mystim」ならではの快感が忘れられず、病みつきになってしまうので、ほかのどんなバイブもかなぐり捨てる覚悟のある女性だけ、本気でぶつかりあってみてください。もう一度言いますが、「ガチで気持ちいい」です!!

■mystim Tickling Truman

 

※この記事はPRです