カルチャー

騎乗位には2つのやり方がある!? 「挿入時の体位」を徹底解剖!

【この記事のキーワード】

 前作の『処女活 いつか卒業する前に! Vol.1 基礎知識編 ~「SEXの基礎知識」「最低限の身だしなみ」「SEXする場所」~』に続く、処女に捧げるSEXのハウツーAV第2弾『処女活 いつか卒業する前に! Vol.2 テクニック編 ~「お風呂・シャワー」「知っておきたいテクニック」~』がFANZAで配信中です。“処女の処女による処女のため”の予備知識が満載! 気になる動画の内容をとくとご覧あれ♪

▼お風呂・シャワー編はこちら
シャワー中に我慢できなくなってバックで…お風呂セックスの醍醐味

▼テクニック前編はこちら
フェラチオ王道コースはこれでOK!チンコの“裏筋”も攻める!?

 前回はSEX時のリアクションやフェラチオの手順をレクチャーしましたが、今回は“体位”についてのアレコレを学んでいきます。ひとことでSEXといってもそのやり方は様々。特に挿入する際の体位には正常位や騎乗位、バックなど色々なものがあるので、処女たちからは「処女のおすすめの体位ってどれ?」「騎乗位の正しいやり方がわからない」などの疑問が浮かんでいるようです。

 まずは「処女におすすめの体位」について解説。アダルトビデオメーカー「GIRL’S CH」のアンケート調査によると、“処女におすすめの体位”第1位には「正常位」がランクインしています。AV男優の有馬芳彦さんも正常位を勧めており、男性も正常位の方が加減しやすいとのこと。正常位ってお互いにメリットのある体位だったんですね。

 続いては「騎乗位の正しいやり方が分からない」という疑問について。騎乗位には、前後に動く「スライドタイプ」と縦方向に腰を揺らす「上下タイプ」があります。「スライドタイプ」は男性の胸に手をつく形で行うのがコツ。さらに膣の中だけじゃなくクリトリスも同時に刺激されるので、女性の快感もグッと高まるそうです。

SILK LABO公式サイトより

SILK LABO公式サイトより

 いっぽう後者の「上下タイプ」は、スライドタイプとは違って出し入れの感覚を味わえるのが特徴。腰を揺らすときは男性に膝を立ててもらい、その膝に手をつきながら行うと非常にバランスがとりやすくなります。ちなみにエロメンたちの意見によると、スライドタイプの方が女性のイク率が高いとか。よし、早速スライドタイプにチェレンジしてみるとしよう(笑)。

1 2