ゴシップ

新垣結衣は獣になれない!? 伝説の濃厚キスシーンを振り返る

【この記事のキーワード】

 それは2011年に放送された『全開ガール』(フジテレビ系)の最終話。このドラマで新垣結衣は、バリバリのキャリア弁護士に振り回され、小学生の面倒を見る若い女性・鮎川若葉を演じていた。最終回までに若葉は錦戸亮演じるお人好しなイクメン・山田草太と恋仲になる。

 イクメン山田は別に肉食獣キャラではなく、むしろ草食系イクメンだったのだが、このキスシーンでは「錦戸の本性が出ている」とファンが騒然とした。ガッキーを食べ尽くすかのような濃厚なキスを繰り出し、しかもそれにガッキーも応じて互いに口を“ハムハム”させるディープキスを見せた。

 ストーリー的には「甘酸っぱいキス」で成立するというか、「甘酸っぱいキス」のほうが納得のいくシーンだけに違和感は大きく、放送直後はネット騒然だった。「ガッキー史上最も激しいキス」と語り継がれている。

 さて、『獣になれない私たち』では百戦錬磨の色っぽメン・田中圭だけでなく、松田龍平(35)とも恋に落ちる……かもしれないと予告されており、この先にドキドキしてしまうような“大人のキス”シーンもあるかもしれない。

1 2