連載

避妊に無頓着なカップルが妊娠しないのは「運」なだけ いつ妊娠してもおかしくないと心得よ

【この記事のキーワード】

 もし妊娠を機に結婚したいとmanetyさんが思っても、manetyさんが仕事を辞めざるを得なくなった場合、彼はmanetyさんと生まれてくるお子さんを養うだけの甲斐性はあるんでしょうか。結婚を前提にお付き合いしていたはずが、「今はまだ育てられないから、堕ろしてほしい」とあっけなく言われたり、逃げられたりする可能性だってゼロではありませんよ。

 私の友人には初体験で妊娠して堕胎した人や、できちゃった婚をしたけれど出産前に離婚した人もいます。manetyさんが避妊せずにセックスをして毎月の生理がくるかどうか不安になりながらも、妊娠に至っていないのは、本当にたまたまだということをしっかりと理解してほしいです。

 いろいろとキツイ言い方をしてしまってごめんなさい。でも結局、自分の身体は自分で守るしかないんです。避妊について男性に任せたかったら、自ら避妊をしてくれる男性と付き合うしかありませんが、残念ながら彼はそうではないですよね。望まない妊娠を避けるためにはmanetyさんが行動するしかないんです。コンドームやピル、避妊リングなど、避妊方法はたくさんあります。結婚を考えているなら尚更、彼と避妊についてよ~~~く話し合ってください。

<ロリルミに聞いて欲しいお悩み、ご相談がある方は、以下のフォームからお便りをお寄せください>

113.33.254.170

1 2

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。