ゴシップ

“夜のストライカー”丸山桂里奈の下半身事情 せっかく体を仕上げたのにご無沙汰?

【この記事のキーワード】
丸山桂里奈 Instagramより

丸山桂里奈 Instagramより

 丸山桂里奈(35)の勢いが止まらない。破天荒ゲストとしてあらゆるバラエティ番組を席巻している状態だ。地上波のみならずネット番組でも、10月22日放送の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)に出演。“初体験”のエピソードを赤裸々に語った。

 この日は“ロストバージン”をテーマにトークが繰り広げられたのだが、丸山桂里奈は「今日から行ってきます!」と初セックスを親に宣言したエピソードを告白。しかし彼女でも母親にしか言えなかったようで、「お父さんはさすがに無理ですけど、お母さんにはもちろん全部(報告した)」「『とうとうきたね』って送り出してくれた」と明かしている。

 母親と良好な関係を築けていそうでなにより。ちなみに“ロストバージン報告”といえば、以前藤田ニコル(20)が初セックスを母親(ママるん)に“事後報告”したと告白。「赤飯を炊いてくれました」とも打ち明け、視聴者を驚かせていた。ニコルの場合は、自分の家で、母親も在宅している時間帯での初エッチだったという。「今終わったよ」とLINEしたというから確かに驚きだ。

 丸山桂里奈にも“初めて”の時があったわけだが、今やすっかり“夜のストライカー”との印象が強い。最近は『サンデー・ジャポン』(TBS系)で自慢のお尻を撮影。本人も「お尻が本当に喜んでいた」と満足しており、番組で一部の写真が公開された「週刊現代」(講談社)の袋とじに掲載されている。

1 2