ゴシップ

黒木華、魔性の女説浮上! 蒼井優そっくりのナチュラル・ボーン・キラーっぷりでイケメンたちを喰いまくってる?

【この記事のキーワード】

 そんな華ちゃんのこと、もっと知りたくなっちゃいまして……7日発売の雑誌「POPEYE」(マガジンハウス)を買っちゃいました。同誌では、黒木華ちゃんと喫茶店でフレンドリーにおしゃべりするという体のロングインタビューを掲載しているのですが、華ちゃんの人となりは……マジで普通!

 たとえば、「シティガールだなあと思う有名人は誰?」→「うーん、誰だろう……あ、沢尻(エリカ)さんじゃないですか?」/「東京で好きな街は?」→「自由が丘とか。適度に静かで、ちょっとおしゃれなカフェがあって」/「海外に住むならどこがいい?」→「フランス。住むならリヨンとか南フランスのあたり」/「好きな映画は?」→「『エターナルサンシャイン』。わたしもあの映画の主人公みたいに髪の毛の色をいろいろ変えてみたいです」/「寝る前にすることは?」→「本を読んだり、Netflixを見たり。あとはYouTubeを見たり」(「POPEYE」から引用)

 ……って! めっちゃ普通すぎ!! おもしろくなさすぎ……! なのですが、いや。この毒にも薬にもならいっぽさは、ナチュラルでピュアであるとも言い換えられましょう。あと、シンプルだからこそ女優として変な色がつかない、とも考えられますよね。たぶん。

 ともかく、黒木華ちゃんがモテまくる理由って、やはりこの“普通”っぽさに終始する、というのがひとつの解なのではないでしょうか? そういえば、自然派女優の代表格・蒼井優も、岡田准一、大森南朋、堤真一らとさんざっぱら浮名を流し、魔性の女の名をほしいままにしていたではないですか!! 特別な美人ではないけれど、男心をくすぐるなにかをナチュラルに持ち、すれ違う男を悪意なくどんどんオトしていく……完全にこの系譜です、華ちゃん。男はもはや、辻斬りにでも遭ったと思うしかないでしょう。

 やはり、現実で男を喰いまくっていくのは沢尻エリカではなく、黒木華や蒼井優のようなほんわか系女子ですもんね。リアル!! ともかく、魔性界の新星・黒木華ちゃんには、今後もナチュラルに実績を積み重ねていってほしいものです。

1 2