ゴシップ

水原希子への誹謗中傷が過熱、オシャレヌードなのに「下品」「汚い」!

【この記事のキーワード】
水原希子 公式Instagramより

水原希子 公式Instagramより

 水原希子が12月16日にInstagramを更新。自身が表紙を務めた雑誌「032c」(032C Workshop)のアナザーカットを公開したのだが、露出度の高いヌード写真に“批判の声”が殺到している。

 水原希子が投稿したのは、全裸に黒いジャケットを羽織っただけに見える最大露出のヌード。ハイヒールは履いているが下着は履いていないように見え、股間の局部は彼女の手によって隠されている。ちなみに水原希子は11月にも、この時に撮影されたのであろうヌード写真を投稿。こちらは「032c」の表紙として実際に採用されたもので、台の上で開脚しながら局部を隠すというさらに大胆なショットだった。

 かなりアート色の強い写真だが、日本のネット上では「下品すぎる」「汚い」といった声が続出。ボロクソに叩かれてしまっているが、仕事で“ヌード”を撮影しただけで、なぜここまで言われなくてはならないのだろうか。

 水原希子が「過激な写真」で批判されるのは今に始まったことではない。たとえば以前はTシャツ一枚で便器に座る“トイレショット”を公開。こちらも「汚い」「下品」などと言われ炎上してしまった。

 しかし同写真はプライベートで撮影されたものではなく、映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』のスタイルブックに収録された1枚。プロが撮影したにも関わらず「水原希子の感性が変」という趣旨の批判がされるのは、水原希子本人にとっても意味が分からないことだろうし、クリエイターもびっくりだろう。

1 2