カルチャー

オナニーの基本がわかる! クリは勃起するし膣圧を鍛えるとさらに気持ちよくなる

【この記事のキーワード】

 続いてペニ助は、オナニーの準備運動“膣圧トレーニング”をご紹介。“膣圧”とは膣が締めつける圧力を意味し、膣の締めつけを鍛えると感じやすいカラダが手に入ります。さらに膣トレは“正しい姿勢”をキープすることがポイント。お腹とお尻に力を入れて背骨をまっすぐ伸ばし、座る時もお尻をキュッと萎めたスタイルでトレーニングしていきましょう。ただし生理中の膣トレは禁物。1日5セット~10セットを目安に行うのが理想的です。

 まずは“立ちのポーズによる膣トレ”をレクチャー。先程紹介した基本姿勢をキープしつつ、“お尻の穴に力を入れる・弱める”を5秒数えながら繰り返します。5秒間×10回で1セットと計算し、“膣を締める”というイメージを持って行うのがコツ。簡単そうだけど、面倒くさがりの私は1日5セットがいいところかも……。

FANZAサンプル画像より

FANZAサンプル画像より

 また膣トレは、椅子に座った状態でも可能です。軽く足を広げた状態で椅子に腰かけ、顔は真正面に。膣を持ち上げるイメージをしつつ、5秒間息を吸い込みます。吸い終わったら、そのまま息を止めて5秒間キープ。そして再び5秒を数えながら、今度は息を吐き出します。この“息を吸う・吐く”の一連の動作で1セット。立ちのポーズと同様に、1日5セット~10セットが理想的です。

FANZAサンプル画像より

FANZAサンプル画像より

 他にも同作には、ここでは書ききれなかった膣トレがいっぱい。しかも膣トレだけでなく、バナナ・きな粉・豆乳で作ったペニ助直伝“フェロモンむんむんジュース”の作り方も紹介されています。ボリューム満点の同作ひとつで、簡単に美しい女性への一歩を踏み出せちゃうかも!? 気になる方は、ぜひ本編をチェックしてみて下さいね♪

【作品視聴はこちらからイケます↓】
PC版
SP版

1 2