カルチャー

Gスポット、AGスポット、そしてTスポット…絶頂へと導く膣内愛撫の方法

【この記事のキーワード】

 あなたは本当の快感を知っていますか? GIRL’S CH×アダム徳永のコラボ作品「女性の為のスローセックス」シリーズ第2弾『アダム徳永 presents 女性の為のスローセックス 第2章』がFANZAで配信中です。同作には膣内愛撫のポイントやオナニーのやり方など、前作より更に1歩踏み込んだ内容を収録。気になるスローセックスの実態を、早速チェックしてイきましょう♪

▼イチャイチャ編はこちら
最高のエクスタシーをもたらす“スローセックス”の実態とは

▼イチャイチャバスルーム編はこちら
お風呂エッチで快楽の極致へ…“いちゃいちゃテクニック”バスルーム編

▼ふたりタッチ編はこちら
互いの性器をゆっくりタッチ…思わずイっちゃう「ふたりタッチ」のやり方

 今回ご紹介するのは、本当に気持ちいい「Gスポット」の触り方。女性ですら気持ちいいポイントを説明しづらいテーマですが、同話では「Gスポット」に加えて「AGスポット」「Tスポット」のポイントまで教えてくれました。

 まずは「Gスポット」について。一般的にGスポットと言えば「第二関節まで挿れた際に、ちょうど指の腹が当たる部分」というイメージが強いですが、それは大きな間違い。Gスポットは恥骨の裏側に位置し、今までGスポットと思い込んでいた部分より遥か上部にあります。

 さらにGスポットよりも、もっと奥にあるのが「AGスポット」。ここはアダム徳永さん曰く、Gスポットよりも感じやすいポイントなのだとか。ちなみにAGスポットの“A”は、アダム徳永の“アダム=A”から来ています。一方「Tスポット」は指を恥骨と平行にして挿れた際、ちょうど指先が当たる部分のこと。AGスポットのA=アダム徳永の“アダム”と来れば、TスポットのTは……もちろん、アダム徳永の“徳永”ですよ(笑)。

 さてスポットの名称をザッと説明したところで、お次は膣内の正しい愛撫のやり方をご紹介。膣内愛撫の時によくやりがちなのが、指先でガリガリと“掻く”ような動き。しかしアダム徳永さんは、スポットに指先を“つけて・離す”動きを繰り返すことが大切と語っています。聞いているだけでも、遥かに安全ですし快感も得られそうですよね。

 そんな膣内愛撫のアレコレを学んだところで、続いてはエロメンプリンス・有馬芳彦さんと元AV女優・初美沙希さんによる実践動画でおさらい♪ まず男性はM字開脚した女性の正面に座り、オイルをたっぷり手に取ります。そしてゆっくりと指を膣内に挿入し、指の第二関節を直角に曲げてGスポットを刺激。第二関節を支点に、指先を3cm幅で振幅させていきます。

SILK LABO公式サイトより

1 2