カルチャー

指を“ペニス”に見立ててみて! 性感脳を開くマスターベーションのやり方

【この記事のキーワード】

 あなたは本当の快感を知っていますか? GIRL’S CH×アダム徳永のコラボ作品「女性の為のスローセックス」シリーズ第2弾『アダム徳永 presents 女性の為のスローセックス 第2章』がFANZAで配信中です。同作には膣内愛撫のポイントやオナニーのやり方など、前作より更に1歩踏み込んだ内容を収録。気になるスローセックスの実態を、早速チェックしてイきましょう♪

▼イチャイチャ編はこちら
最高のエクスタシーをもたらす“スローセックス”の実態とは

▼イチャイチャバスルーム編はこちら
お風呂エッチで快楽の極致へ…“いちゃいちゃテクニック”バスルーム編

▼ふたりタッチ編はこちら
互いの性器をゆっくりタッチ…思わずイっちゃう「ふたりタッチ」のやり方

▼Gスポットの触り方編はこちら
Gスポット、AGスポット、そしてTスポット…絶頂へと導く膣内愛撫の方法

 今回ご紹介するのは、性感脳を開く「マスターベーション」のやり方。セックスセラピスト・アダム徳永さん曰く、自慰行為におけるポイントは「1.罪の意識をもたないこと」「2.自分のカラダを開発すること」。特に前者は、マスターベーション=悪いこと・いやらしいといったイメージを抱きがち(社会のせいですが)だから。あくまでマスターベーションは“性感脳を得るための大切な行為”です。

 罪悪感や羞恥心ばかりを感じていては、いつまで経っても自分のカラダについて何も知らないまま。自分が知らないことを他人(セックスの相手)に求めても、最高のエクスタシーを得られるはずがありませんよね。

 そこでアダム徳永さんが薦めるのが、抱き枕を使ったマスターベーション法。抱き枕をエッチの相手に見立てながら自分のカラダを触ることで、より鮮明なセックスのイメージトレーニングが叶うそうです。

 百聞は一見に如かず。ここからは、初美沙希さんによる実践動画で徹底レクチャーしてくれます。

 まずは抱き枕を抱えて、添い寝する沙希さん。エッチの相手に見立てた抱き枕を、ゆっくりアダムタッチしていきます。ゆっっっくりと指先を抱き枕に這わせ、時にはチュッと口づけを。積極的になることで、徐々に羞恥心を和らげルンですね。

1 2