カルチャー

有馬芳彦が史上最高に乱れている、“興奮を10倍高める”体位がすごい

【この記事のキーワード】

 あなたは本当の快感を知っていますか? GIRL’S CH×アダム徳永のコラボ作品「女性の為のスローセックス」シリーズ第2弾『アダム徳永 presents 女性の為のスローセックス 第2章』がFANZAで配信中です。同作には膣内愛撫のポイントやオナニーのやり方など、前作より更に1歩踏み込んだ内容を収録。気になるスローセックスの実態を、早速チェックしてイきましょう♪

▼イチャイチャ編はこちら
最高のエクスタシーをもたらす“スローセックス”の実態とは

▼イチャイチャバスルーム編はこちら
お風呂エッチで快楽の極致へ…“いちゃいちゃテクニック”バスルーム編

▼ふたりタッチ編はこちら
互いの性器をゆっくりタッチ…思わずイっちゃう「ふたりタッチ」のやり方

▼Gスポットの触り方編はこちら
Gスポット、AGスポット、そしてTスポット…絶頂へと導く膣内愛撫の方法

▼マスターベーション編はこちら
指を“ペニス”に見立ててみて! 性感脳を開くマスターベーションのやり方

▼体位編はこちら
長時間の挿入でもずっと気持ちいい〜! 奥深き「交接」の世界にようこそ

 前回はエッチの体位にまつわるアレコレをお伝えしましたが、今回も「体位」がテーマ。ただし体位は体位でも、“興奮を10倍高める”体位についてです。

 そもそもセックスって、ちょっと不思議な行為。他人の性器を舐める・しゃぶるといった行動は、よくよく考えてみたら「えっ、やばくね?」ってなりませんか? だからこそまずは、「セックス=非日常的なもの」と意識するのが大切何だそうです。その上で「セックスは布団やベッドの上でする行為」という固定概念を取り除き、場所を変えながら“非日常性”を楽しみます。

 要するに“私たち、こんなところでエッチしてる……”という感覚が大切ということ。確かにAVを見ていても、ベッド以外でのセックスシーンは一段と興奮させられるかも。

 ではアダム徳永さんは“非日常性”をどう提案してくるのか。エロメンプリンス・有馬芳彦さんと元AV女優・初美沙希さんによる実践動画で学んでいきましょう。

 まずはソファの上でキスを交わすふたり。そして有馬さんの手は女性器へ、沙希さんの手は男性器の方へとゆっくり伸びていきます。お互いの性器をアダムタッチした後、沙希さんは彼の膝の上へ。“対面座位”の体勢になると、そのまま彼女は自分の乳首を有馬さんの乳首に擦りつけます。「くすぐったい」と発しながらも、気づけばふたりの興奮値は相当高まっているようす。有馬さんの手がおもむろに彼女のクリトリスをなぞると、沙希さんは目をトロンとさせて恍惚とした表情を浮かべ始めるのでした。乳首スリスリ……うん、悪くない(笑)。

SILK LABO公式サイトより

SILK LABO公式サイトより

1 2