カルチャー

どんなにクンニされても喘がない、噂のロボットデリヘル

【この記事のキーワード】

 もう1度、“魅惑の世界”を覗いてみない?「お店に潜入」シリーズの続編『続・エッチなお店に潜入してみました』がFANZAで絶賛配信中! 前作で大活躍したイケメン軍団「アバンチュールズ」とは打って変わり、今回は期待のAV男優・高木蒼馬くんと野口将司くんが調査を進めます。欲望爆発プレイから風俗童貞卒業レポートまで!? 一瞬たりとも見逃せない内容をとくとご覧あれ♪

▼第1話はこちら
若きAV男優による本気の風俗レポ! “四つん這い手コキ”の辱め

▼第2話はこちら
風俗童貞が添い寝手コキで…高木蒼馬の初陣レポートが可愛すぎ♪

 今回ご紹介するエッチなお店は、日本初の喋らないデリバリーヘルス「ロボットデリヘル」。同店はロボ娘たちがどんな願望(プレイ)でも叶えてくれる風俗店で、前作では北野翔太くんが“快楽タイマンバトル”を繰り広げていました。

SILK LABO公式サイトより

 そして今回カラダを張ってくれるのは、イケメン軍団「キュンキュンボーイズ」のマッサンこと野口将司くんです。個人的に彼のことを“ポスト北野翔太”だと思っているので(北野くんファンの方はごめんなさい)、ロボットデリヘルで面白い姿を見せてくれるのではと期待値爆上がりです。

 早速女の子が部屋を訪れるのですが、彼女はあくまでも“ロボット”なので終始だんまり。説明書のカードを見せながら必要最低限の会話を済ませ、最後にロボ娘を自由に操作できる“専用コントローラー”を手渡します。この専用コントローラーがあれば、女の子は自分の思うがまま。よく“ロボットデリヘル”なんてものを考えましたよね~。

 野口くんは期待に胸を躍らせながら、まずはロボ娘とシャワー室へ。シャワー中も彼女は一切喋らないので、彼が黙々とロボ娘のカラダを洗っていきます。なんだかシュールな光景(笑)。そしてシャワーを浴び終えて、いよいよロボ娘とのプレイを開始。野口くんは慣れた手つきでカラダを愛撫し、手始めに乳首をチュパチュパと舐め始めるのでした。

SILK LABO公式サイトより

1 2