カルチャー

濡れまくりの幸せエッチでいやらしい音が鳴り響く!

【この記事のキーワード】

 彼女のカラダをゆっくりとなぞる衛の唇。露わになった胸にしゃぶりつかれると、可奈はカラダをピクピクと反応させてしまいます。しかし忘れてならないのが、彼女は小悪魔テクニシャンということ(第1話参照)。自分のカラダを愛撫されている間も指先で衛の乳首を弄り、彼へのご奉仕を怠りません。これには彼も「ねぇ、気持ちいいって」と思わずニッコリ。さっきまでの騒動が嘘かのように、ふたりの周りには幸せオーラがいっぱいです。羨ましい。

 やがて彼は可奈の大事なところに顔を埋め、クンニを開始。クリトリスをチュパチュパと舐められて、彼女の喘ぎ声は鳴り止みません。甘い声を漏らしまくる可奈に興奮したのか、衛は舌先の動きをより一層激しくさせるばかり。おかげで彼女はカラダをのけ反らして、豪快にイッてしまいました。

SILK LABO公式サイトより

 最後はひとつに交じり合うふたり。騎乗位の際には可奈が彼のツボを押さえたようで、衛の“快感ポイント”を果敢に攻めていきます。杭を打つかの如く上下に激しくカラダを揺らしていく彼女。そんな豪快なピストン攻めを食らい、衛からは「あぁッ、そこダメッ」「可奈、そこ凄い気持ちいいッ」と甘い声が漏れまくりです。騎乗位を経て正常位に体勢を変える頃には、ふたりのアソコは洪水状態。腰を動かす度にグチョグチョといやらしい音が響き渡り、最終的に衛は彼女の中でフィニッシュを迎えます。

SILK LABO公式サイトより

SILK LABO公式サイトより

 とはいえ、依頼者を危険な目に遭わせたのは事実。所長の結城(有馬芳彦)は「プロフェッショナルとはクールになること」「衛は今回、彼女の闇を晴らす時に私情が入り過ぎた」「クールじゃない」と衛に一喝します。どうやら彼が一人前の探偵になるためには、もう少し時間がかかりそうですね。そんな衛の初任務の全貌を知りたい方は、ぜひ本編をチェックしてみてはいかがでしょうか。

【作品視聴はこちらからイケます↓】
PC版
SP版

1 2