カルチャー

3Pでイケメン執事の筋肉美を堪能する淫らなアフタヌーンティー

【この記事のキーワード】

 お嬢様の身体はフシダラでございます―。FANZAで配信中の『ワガママお嬢様はイケメン執事をエロいじめ 並木優』では、欲求不満なお嬢様×4人のイケメン執事による“スケベな日常”が描かれています。朝は執事たちのおもちゃ責めで気持ちいい目覚めを迎え、食後はミルクティー代わりにザーメン・ミルクをごくり!? お嬢様と執事たちのいやらしい日常を早速チェックしてイきましょう♪

▼第1話はこちら
執事をお嬢様が手コキいじめ「一徹、ちょっとジッとしていなさいよ!」

▼第2話はこちら
アナル舐めを経てクリトリスをしゃぶられ我慢の限界!“全身舐めマッサージ”でイク

▼第3話はこちら
朝から電マ責めでイキっぱなし!? ワガママお嬢様の気持ちイイお目覚め

 同作の主な登場人物は、ワガママお嬢様・並木優(並木優)と4人のイケメン執事。第4話では、冒頭から早速彼女のワガママっぷりが炸裂します。

 執事の月野(月野帯人)と真琴(真琴)のもとに、ご機嫌ななめのお嬢様が訪れ、ミルクティーが飲みたかったのに“ミルクがない”といいます。ちょうどミルクを切らしていたため、すぐさま買いに行こうとするふたり。しかしお嬢様は「嫌だぁ~、今ミルクティーが飲みたいの」「今すぐ飲みたいの!」とワガママを言うばかりです。月野と真琴もかなりお困り気味ですが、お嬢様は「じゃあ脱いで。早く脱いで」と命令を下します。何やら嫌な予感……。

 言われるがままにズボンとパンツを下ろし、チンポを露わにするふたり。彼らの立派なイチモツを確認するなり、お嬢様の口から「じゃあ仕方ないからこっちのミルクで我慢してあげるね」ととんでもない発言が。月野と真琴を向かい合わせに立たせ、両手でふたりのチンポをニギニギし始めるお嬢様。「どっちのおチンチンからペロペロしようかな♪」と吟味すると、「じゃあこっち!」と真琴のチンポにしゃぶりつくのでした。

1 2