カルチャー

元カレとの“再会セックス”体験談! 「サウナで水着のまま」「バイブを使って……」

【この記事のキーワード】
元カレとの再会セックス体験談! 「サウナで水着のまま」「バイブを使って……」の画像1

Photo by COOICU from Flickr

 先日、飲み屋で元カレとバッタリ再会。相変わらずカッコよく、そのまま二人で飲みながら、昔話に花を咲かせました。残念ながら元カレは結婚していたので、その後に何か……はありませんでしたが、「もっと早く再会してればね」と微笑む彼に思わずドキッ。「結婚していなかったら、もしかしたかも……?」と、自惚れたまま、名残惜しくも解散になりました。

 帰り道、「実際、元カレと再会して再熱ってあるのかな?」と疑問に思った私は、さっそく検索。『29歳、セフレは元カレ』という言葉を見つけクリックしてみると、まんが王国で読めるコミックだったのですが、これが妙にリアルで、まさに現実にありそうだったので、ご紹介します!

高校時代の元カレと29歳で再会

元カレとの再会セックス体験談! 「サウナで水着のまま」「バイブを使って……」の画像2

元カレとの再会セックス体験談! 「サウナで水着のまま」「バイブを使って……」の画像3
 

 29歳にして5年付き合った婚約者と破談したばかりの叶実。ある日、高校時代の元カレ・友哉とばったり再会します。友哉は結婚していたものの、奥さんの浮気で先日離婚したばかり。似たような境遇の二人は自然と意気投合し、「もう恋愛はいいよね」と“恋愛なしのセフレな関係”が始まります。

 お互い取り繕う必要がないため、ちょっと言い出しにくい“ローター”や“バイブ”なども使って、Hを楽しむ二人。中に指を入れながら、バイブでクリを刺激され、叶実はトロトロになっていきます。後腐れのないセックスに、「こういう関係もアリだな」と思う叶実でしたが、続けていくうちに、「いつでも切れていい」と思っていた関係がいつの間にか断ち切れなくなっている自分に気づきます。

 そんな中、職場の若い社員に迫られ、何気なく友哉にその話をすると、「叶実もそういう男好きなの?」「濡れてきた…他の男のこと考えながらって興奮する?」と、後ろから秘部を責められ……。割り切った関係なのに、もしかして友哉は嫉妬してる? 揺れ動く二人の思いは次第に抑えきれなくなっていき――。

 アラサーともなれば、マンガのヒロインが“ドジっ子”だったり、美しいラブストーリーというのは、少々リアリティ不足に感じますが、この作品は現実にいそうな主人公なので、読んでいて無理がありません。共感できる部分も多いため、同年代は自分に重ね合わせやすいのでは? セフレといえども、それで誰かを傷つけているわけではない二人。むしろ、お互いの傷を舐めあうようなHは、派手さがない分リアリティを感じ、逆にドキドキしてしまいますよ。

ジムの更衣室、プールのサウナで……

元カレとの再会セックス体験談! 「サウナで水着のまま」「バイブを使って……」の画像4

元カレとの再会セックス体験談! 「サウナで水着のまま」「バイブを使って……」の画像5

 

 また、『10年ぶりのエッチは、気持ち良すぎてヤバかった…』も、思わぬところで元カレに再開し、物語が始まる作品。

 ヒロインのゆきのは恋愛ご無沙汰のOL。長い間していないため、Hが怖くて恋愛ができないでいました。そんなある日、スポーツジムに行くと、なんとインストラクターが元カレの大翔。しかも、初体験で優しく手ほどきしてくれた人だったんです。

 「彼とだったら、またHできるかも」――そう思ったのも束の間、うっかりそのセリフを大翔に聞かれてしまいます。「お望み通り、怖いのを克服させてやるよ」そういうと大翔は、「ホラ、すごく濡れてる」とささやきながら、ゆきのの体をすみずみまで愛撫し始めます。ジムの更衣室で……水着のままプールのサウナで……“元カレ”だからこそ知る感度の高い部分を責められ、ゆきののHに対する恐怖心は徐々に快感に変わっていきます。

 スポーツジムという特殊な場所で、人目を忍んで行われる愛撫は、読んでいるだけでもスリルがあって魅力的。体つきや感度などを、10年前と比べながらHできるって、元カレだからこそですよね。“再会セックス”が、こんなにHだなんて思いもしませんでした。

 作品を読んで、「元カレの連絡先くらい聞いておけばよかった」と激しく後悔した私。まぁ、不倫はよくないので逆に正解だったかもしれませんが。まんが王国でおとなしく読んで、次の再会に期待することにします。皆さんもぜひ読んでみてくださいね。

まんが王国

※当記事はPRです