ゴシップ

ライブに1時間遅刻した浜崎あゆみ、画像を加工しすぎてアメフト選手になる

【この記事のキーワード】

浜崎あゆみ 公式Instagramより

 平成を代表する歌姫・浜崎あゆみが、4月7日に「さいたまスーパーアリーナ」でライブを開催。そのヒド過ぎるライブ内容が大きな物議を醸している。

 6日と7日の2Daysで行われた、「ayumi hamasaki 21st anniversary -POWER of A^3-」ライブ。浜崎あゆみのデビュー21周年をお祝いするライブということもあり、7日の公演は「WOWOW」で生中継されることが予定されていた。会場へ足を運べないファンもライブを体験できるとあって、少しだけ注目を集めていたのは確かだ。

 しかし7日のライブ当日、彼女は当初の予定から約1時間も遅刻。にもかかわらず謝罪の言葉はなく、何事もなかったかのようにライブは進行していったという。

 当然、遅刻をチャラにしてくれるようなライブを期待する人も多かったと思われる。しかし7日のライブ“も”相変わらず彼女の声は出ておらず、中継を見ていた人たちからは「散々待たせて謝罪がない上に声が出てないとか……」「高音が苦しそう。遅刻も含め、ワザとファンを怒らせることやってるとしか思えない」などの声が上がっていた。

1 2