カルチャー

「羞恥」と「快楽」がせめぎ合い、ドSな彼に調教されるほど濡れちゃう

【この記事のキーワード】

 パンツ1枚になった彼女の手首に拘束具をつけて、そのままカラダを弄っていく高崎さん。「あれ? ココ固くなってますね」と指摘する彼の指先は、女性の乳首に辿りついていました。そしてそのまま乳首を刺激されると、女性の口から甘美な声が。そのまま脇の下を舐められた際には、羞恥心と興奮が入り混じった“快楽”が彼女を襲い始めます。

 やがて高崎さんの指先は彼女のパンツの中へ。熱くなったおマンコを指先でなぞる度に、女性はカラダをビクつかせて反応してしまい……。

SILK LABO公式サイトより

 さらに彼は女性のパンツを脱がし、M字開脚を強要。丸見えになったおマンコを前にして、「どうしてほしいんでしたっけ?」とわざと彼女を辱めます。「触ってほしい」と力なく女性が答えると、ようやく彼は手マンを開始。彼女の中に指先がゆっくり挿入されると、「吸いついてますよ?」「動いてます」「こうですか?」と高崎さんの言葉責めが止まりません。うん、悪くない(笑)。

SILK LABO公式サイトより

 その後ふたりはひとつに交じり合い、至極の時間を堪能。とことん貫かれた女性はもはや理性崩壊気味で、終始「いやあぁぁッ、あんッ、あんッ」「もうイカせてくださいいい……」と叫びに似た喘ぎ声を上げていました。

SILK LABO公式サイトより

 ここまで同話の内容をサクッとお伝えしましたが、正直氷山の一角に過ぎず。物語の全貌を知りたい方は、ぜひ本編でチェックして下さいね♪

【作品視聴はこちらからイケます↓】
PC版
SP版

1 2