カルチャー

「俺のタコ焼きがパンパンやで!」遠距離恋愛カップルの爆発セックス

【この記事のキーワード】

 女性のパンツへ手を伸ばすと指先に愛液が絡みつき、彼は思わず「凄い濡れてる」と一言。トモくんの指摘に恥ずかしがる彼女でしたが、彼はお構いなしにパンツ越しにおマンコを刺激していきます。さらに「もっと気持ち良くするから」と言って、女性のパンツを脱がせるトモくん。脱がせたパンツを見るなり、「今日俺が来ると思ってこんな可愛い下着を使って……」「あかん、余計燃えてきたでー!」と彼女にガバッと覆い被さりました。同話ではとにかく長瀬くんの関西弁が気になること、気になること。とろけるような彼の甘いエッチと合わせて、ぜひ台詞もお楽しみ下さい。

 彼女の両足を大きく広げて、今度はクンニを始める彼。舌先でクリトリスをペロッとされる度に、女性の口からは甘い喘ぎ声が溢れ出ます。次第に舌の動きはより激しくなり、彼女の表情はみるみるうちに艶っぽく……。

 その後トモくんも彼女からのご奉仕を受け、もう我慢ができなくなった様子。女性に“挿入”を「OK」されると彼の表情は途端にパァッと明るくなり、「こんなこともあろうかとめっちゃ持ってきたで~!」とカバンから大量のコンドームを取り出します。その量は“何回エッチする気よ”と思わずツッコミを入れたくなるほど。

SILK LABO公式サイトより

 そしてトモくんが肉棒を挿入すると、彼女からは溢れんばかりのエッチな声が。一方彼もまた、久々の感覚に「今の気持ち、“ただいま”って感じ」と感動を隠しきれません。そのまま彼女の中で動いていくと、ふたりの興奮状態もいよいよピークに。最後はトモくんが絶頂を迎え、ふたりの久々エッチは幕を閉じます。

SILK LABO公式サイトより

SILK LABO公式サイトより

 遠距離恋愛というと「寂しい」「不安」といった負の言葉がちらつきますが、会えないからこそアツ~いセックスが楽しめるのかもしれませんね。ふたりのエッチの全貌を知りたい方は、ぜひ本編をチェックしてみてはいかが?

【作品視聴はこちらからイケます↓】
PC版
SP版

1 2