カルチャー

クリを弄られるたびに愛液が溢れ出して、クチュクチュ音が鳴りやまない

【この記事のキーワード】

SILK LABO公式サイトより

「ダメだってば……」と佳織が嫌がっても、一向にやめようとしないアレク。しまいにはパンツを脱がせて、彼女の中に指先をゆっくり挿入します。愛液まみれのおマンコはさらに潤いを増し、部屋中に終始淫らな音が。自分の濡れっぷりに羞恥心を抱いたのか、佳織は「いやああッ」「ダメッ、嫌だ、嫌だ」とより一層抵抗します。

SILK LABO公式サイトより

 ……とはいっても下の画像を見てください、この佳織の気持ち良さそうな顔! 嫌がる気持ちに反して、快楽はどんどん増すばかりです。さすが人気セラピストだけあって、指使いが巧みすぎる。思わず「東京秘密基地」の予約ページを開いてしまうところでした(笑)。

SILK LABO公式サイトより

 その後何とか彼の暴走を止める佳織。結局仲違いしたままアレクは家路につき、彼女は言いようのない罪悪感を募らせて物語は幕を下ろします。佳織のどっちつかずの状態が仇となり、事態は最悪の方向へ。アレクの笑顔を全く見られなかった同話でしたが、果たして次のお話でふたりの仲はどのように進展するのでしょうか。早くアレクの可愛い笑顔が見たいなぁ~。物語の全貌を知りたい方は、ぜひ本編をチェックしてみてくださいね♪

【作品視聴はこちらからイケます↓】
PC版
SP版

1 2