連載

「セックス100点」のエロい男とヤってみたらキスから騎乗位まで採点されまくってしまった

【この記事のキーワード】
18禁出会い系実況

18禁出会い系実況!

だいぶ古い情報で申し訳ないんだけど、誰か「東京グラフィティ」の12月号持ってない?
ローランド様が表紙の号なんだけど、Sold outなの……。

いや、目当てはローランド様ではないの。「東京グラフィティ」の12月号に『自分のセックスに点数をつけるなら何点?』っていう特集が載ってるらしいのさ。

それがめっっっっちゃ見たい白雪魔夢子です、ごきげんよう。

白雪がその存在を知ったのはツイッター。自分のセックスに点数をつける男たちの姿が見開きページで紹介されているのをちらっと見たのです。

『Gスポットを突くのがうまいから』や、『4時間で4回戦できるタフさがあるから』と100点をつける18歳のボーイたち。『遅漏のドンファンと言われているから』と100点をつける27歳……。

いや、それこいつらの彼女にも同じ質問してほしいわ!! とツッコみたくなるようなコメントもいっぱいあり、そのとき白雪の脳内に紫色のヒラメキが舞い降りてきたのです。

「これ、男性に自分の点数つけさせて、わたしが検証してみたらいいんでない……?」

自分のセックスに100点をつける男発見!

それから白雪はハッピーメール内の男性たちに「自分のセックスの点数をつけるなら何点ですか? ぜひ理由も教えてくださーい(*’ω’*)」というコメントを送りまくりました(女性はメール送り放題だからね!)。

20人くらいの男性から返信があったのですが、みんな『50点』とか『40点』とか謙虚な点数ばかりで、理由も「相手が遠慮しているかもしれないから」とか「ノーマルプレイだから」とかつまんねー理由ばかり。そんな中、「おほっ!!」と思ったのがこのコメントでした。

「100点。俺とセックスすると、またセックスしてほしいって女は言いますね。この間も、女の家に泊まって、なんか下半身が変だなと思って起きたら、女が乗ってましたからね笑。俺、レイプされてました笑。まーそんな感じです」

うっはあ。すげえ上から目線!!

でも、届いたコメントの中でこれが抜群にインパクトがありました。

このコメントをくれたのはA氏。プロフィール写真はくりっとした瞳のあごひげ男子が映っていました。

プロフィールには『ネットフリックス見まくり! 援のひとは興味ナイッス。あっちいって~』と書かれています。わたし、金は要らないから、大丈夫だよね?

「援助いらないのでわたしとセックスしませんか?」とコメントすると、ほどなくして「あーいいっすよ」とそっけないコメントが届きました。口が悪かろうとセックスが100点かどうか知りたいからやってみます!!

わたしは97点!ってことにした

A氏は車だというので、近くのコンビニの駐車場まで迎えに来てもらうことにしました。

20代前半というから、軽自動車かコンパクトな車かな~~と思っていたら、なんとA氏が乗ってきたのはゴールドカラーのベンツ!!

「親からもらった」だって。くそう、ボンボンめ!!

A氏「セックスに点数つけてなんてはじめて言われたからびびった(笑)」
白雪「わたしもはじめて言った(笑)」
A氏「俺以外にもメッセージ送りまくったんでしょ」
白雪「ちょこーっとね」
A氏「一番良い点数付けたヤツとセックスする気なんだろうなーって思ったから100点にした(笑)」
白雪「(見透かされてる……!)」
A氏「で? 魔夢子ちゃんの自己採点は何点なの?」
白雪「え!」
A氏「俺だけ教えるとかフェアじゃないじゃん」

まさか自己採点することになるとは……。
控えめに80点くらいにしてみる? それとも、もっと謙虚に50点とか……。
しかし、そのとき白雪は「くそつまんねー回答」と一蹴したコメントたちのことを思い出しました。

白雪「わたし、毎週セックスしてるし、フェラもうまいと思うから97点!」

白雪がそう言うと、A氏は「あははは。残り3点が気になるわ」と楽しそうに笑いました。

A氏「じゃあ、お互いに採点しあおーぜ!」

…………え?

ホテルに着いていざ実戦!!

ホテルに着き、お互いにシャワーを浴び終えてベッドイン。100点のプレイってどんなだろう……とドキドキしていると、余裕たっぷりのA氏が白雪の頭を撫でながら、「ん」と口を半開きにしました。

A氏「キスして?」

え、エッロ~~~~。

しかし、97点の女がビビるわけにはいきません。

白雪は彼の舌に舌を絡めました。A氏は動きません。キスは受け身でいるもの、と思っていた白雪はプチパニックに陥りました。

数々のキスのうまい男たちのことを思い出し、舌で彼の歯をツンツンしたり、舌の腹をつかって彼の口内に侵入……してみるも、これでいいのか、ドキドキして全然集中できず。

こ、これ。いま、わたし、A氏に採点されてるの!?

うまく攻めることができず、控えめに唇を離すと、A氏は「うん、うん、70点ってとこかな~」とすぐさま採点してきました。

A氏「舌尖らせないのは基本ができてるって感じでよかったけど、キス自体はそんなうまくないかな~。相手の舌先を舐めるように、空間を空けないように意識するといいよ」

な、なんかどっと疲れた……。これ、カラオケの採点に似ているわ。音程とか気にせず気持ちよく好きな曲を歌うのは楽しいのに、採点になると急に緊張して楽しめなくなるっていう……。

A氏「じゃあ、次、フェラしてみて~。うまいんだよね?(笑)」

もうイヤ~~~~~!!!

 

 

今回の感想『人を採点するのはやめます』

セックスの採点……。自分が脳内で好き勝手に判断するのは楽しいですが、やられるほうは全然楽しくないっす……。フィニッシュも騎乗位で「65点かなあ。もっと腰浮かさないとスムーズに動かないよ」とか言われましたよ……。

ハッ!! そういえば結局、A氏はわたしの採点をするばかりで、お手本は見せてくれなかった!!

くそう。わたしにも採点させろ~~~!!

白雪魔夢子

大学卒業後、プロニートとして活動。毎日15時間オンラインゲームをして、ギルドマスターまで上り詰める。しかし、三十路を過ぎ、ふと「私。もしかしてやばい奴なんじゃ?」と思い直す。その後、奮起し、出会い系サイトに登録。『どうしてそうなった』という忠告はおやめください。