カルチャー

カレは亀頭派or竿派? 最高のエクスタシーに導くフェラテク

【この記事のキーワード】

 身体の正面と背面をたっぷりなぞったら、続いてペニスの愛撫に。と、ここで友田さんから“快感スポット”にまつわるプチ情報をお届け。女性の快感スポットにクリトリス派と膣派がいるように、男性にも「亀頭派」と「竿派」がいるそうです。彼がどちら派なのかは、プレイ中に「どっちが気持ちいい?」とコミュニケーションをとりながら見極めてあげましょう。他にも金玉からアナルまでの部分を「蟻の門渡り」と呼び、この部分に関しては亀頭派も竿派も感じてしまう場所。撫でるのではなく、少し強めに押してあげるとGOODです。

FANZAサンプル画像より

 友田さんの場合は、「耳→首筋→鎖骨→乳首→おへそ」の順にペロペロ。舌先で舐め上げた後、唇を使ってチュッチュッと吸い上げていました。しかも彼女自身も「んッ……」「あぁんッ……」とエッチな声を上げて、その場の雰囲気はより官能的に。さすがレジェンド、格が違います。

FANZAサンプル画像より

FANZAサンプル画像より

 やがて友田さんの矛先はペニスへ。まずカリに沿って舌先を這わし、先端部分をチュッ。そこから少しずつペニスを咥え始め、男優さんを快楽の極地へ誘います。ペニスを口に入れるときの舌使いは、飴玉を舐めるように動かすと良いそう。さらに裏筋の部分はソフトクリームを舐めるように、下から上に舐めてあげるとベストですよ。

FANZAサンプル画像より

 他にも友田さんはフェラのポイントをたくさんレクチャーしていましたが、残念ながら書ききれず……。ポイントの全貌を知りたい方は、ぜひ同作をチェックしてみてくださいね。さて次のお話では、Step2の後半戦をご紹介するので乞うご期待♪

【作品視聴はこちらからイケます↓】
PC版
SP版

1 2