カルチャー

四十八手で最強の体位は「正常位」? 性感帯を刺激するテクニック&体位の楽しみ方

【この記事のキーワード】

 愛し合う2人がより新鮮で、満ち足りた日々を過ごすために―。セックスを楽しむためのハウツーを紐解く『官能バイブル ~Pureness&Reality~ 1』がFANZAで配信中です。フレンチキスやボディタッチの仕方、体位のバリエーションなど、エクスタシーを感じるセックスの極意をたっぷりお届け♪ レジェンドAV女優のバイブルをじっくり学んで、愛するカレとのエッチに活かしてみてはいかが?

▼Step1はこちら
「息」と「囁き」がどエロい!! AV女優友田真希さんが伝授するセックスの極意

▼Step2はこちら
カレは亀頭派or竿派? 最高のエクスタシーに導くフェラテク

 今回は前回に引き続き、Step2「性感帯を刺激するテクニック」をご紹介。“レジェンド”と謳われるAV女優・友田真希さんが、まずはポイントの3つめである「腰の使い方」を教えてくれました。

 友田さん曰く、最初の挿入時が思いやりを感じる1番大切なところ。お互いの身体を確かめ合いながら目と目を見つめあい、最初はゆっくりと腰を動かします。そして少しずつ上下左右、回転などの動きを組み合わせていき、そこに強弱などを加えてリズミカルに動かしてみてくださいね。……え、回転?

FANZAサンプル画像より

FANZAサンプル画像より

 そして4つめのポイントが「膣」。このポイントに関しては、女性だけのチェックポイントになります。挿入後に女性が自分の意思で、膣圧の強弱をつけてあげることも重要なテクニック。レッスンの仕方としては肛門を引き締めるよう意識しながら、下腹部に力を入れたり緩めたりしてトレーニングするのがおすすめです。

 さて、ここまでがStep2のポイント。ここからはStep3に入り、実践に必要な“体位”の楽しみ方をレッスンしていきます。体位にはよく四十八手があるといわれていますが、究極を追究するのであれば心身が一体化した「正常位」が1番。そこで今回は四十八手を学ぶのではなく、より実践しやすい体位やより感じやすい体位を伝授していきましょう。

1 2