ゴシップ

宮下草薙・草薙航基が藤田ニコルにガチ告白「もう大好きだよぉ~」

【この記事のキーワード】

太田プロダクション オフィシャルサイトより

 一連の“闇営業”騒動で、上層部のパワハラ体質まで浮き彫りになりつつある吉本興業。「ファミリーだから」と情に訴えた曖昧な契約など、大企業としてあるまじき素顔が問題視されている。報道によると公正取引委員会の事務総長も、“契約書なしの契約”に「競争政策の観点で問題になりうる」と言及。今後も旧態依然とした経営状況がどんどん明るみに出ていきそうだ。

 そんな中で気になるのは、やはり宮迫博之や田村亮といった“当事者”たちの今後。そもそも今回の騒動は、彼らが反社会的勢力の忘年会で営業してギャラを受け取ったことに端を発している。また「FRIDAY」(講談社)の取材で闇営業が発覚した時に、「ギャラをもらっていない」と嘘の主張をしてしまったのも手痛いミス。宮迫博之や田村亮らは謹慎処分にされているが(宮迫は契約解除も)、この処分自体は吉本興業の“パワハラ”とは言えないだろう。

 何を勘違いしたのか、吉本興業社長は会見で「処分を撤回する」と明言してしまったが、「亮に謝罪会見させず、恫喝した」ことと、「宮迫と亮が会社に虚偽の説明をした」ことは別問題だ。

 そんなこんなで、とりあえず謹慎中の宮迫と亮。7月23日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、田村亮の不在を埋めるMCアシスタントには、太田プロ所属の宮下草薙・草薙航基が抜擢された。全体を通して出演者たちによる“亮イジり”が目立ち、草薙の返しがうまくマッチして大爆笑の買いに仕上がっていた。

 たとえば草薙航基が「ぼくがアシスタントで……」と自信なさげにしていると、有吉弘行は「簡単な仕事だよ。黙って立っておけばいいんだから」「日本で一番簡単な仕事だよ」と遠回しに田村亮を(愛を込めて)ディスる。山崎弘也もいつもの悪ノリが冴え渡る。さらに有吉は「(草薙は)なんでもできます」「オールラウンドプレイヤーだもんね?」と持ち上げたうえで、なんと草薙のファーストキスまで奪う暴走ぶりを見せた。

 美味しくイジられた草薙航基のアシスタントは、視聴者間で評判上々。この日は女性出演者10人が、お互いを「尊敬する順番」で格づけする定番企画で、なぜか草薙も独自のランキングを作成してくるという積極さを見せた点も好評だった。

1 2