ゴシップ

三浦春馬キレッキレダンスと色気で魅了、圧倒的な歌唱力がバレた!

【この記事のキーワード】

『TWO WEEKS』 オフィシャルサイトより

 7月24日放送の『2019 FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)に三浦春馬が出演。ステージ上で美声を披露して視聴者の注目を集めた。

 三浦春馬が歌唱したのは、火9ドラマ『TWO WEEKS』(フジテレビ系)の主題歌「Fight for your heart」。かなりアップテンポでハイトーンな楽曲だが、三浦春馬は余裕のある高音を響かせていた。さらにスタイリッシュなダンスパートも、指の先までキレッキレ。どこか色気まで感じさせるほどの仕上がりで、「三浦春馬ってこんなにダンスも歌も上手かったのか!」「これは衝撃的」「三浦春馬が全部持って行った」との声が続出している。

 三浦春馬はミュージカル俳優としての才能を開花させ、大活躍中だ。2016年のミュージカル『キンキーブーツ』で煌びやかなドラァグクイーンを演じ、「読売演劇大賞」の優秀男優賞や杉村春子賞に輝いた。『キンキーブーツ』は今年4月の再演でも、全45公演全席満員御礼の大成功。そんな三浦春馬の歌と踊りは去年のFNS歌謡祭でも話題となったが、今回、ミュージカルの役柄ではなく<『TWO WEEKS』の三浦春馬>としてのパフォーマンスも素晴らしいものだった。

 三浦春馬の他にも、「歌が上手い」と話題になった俳優は少なくない。今回の『FNSうたの夏まつり』に出演した山崎育三郎も、ミュージカルスターゆえ当然といえば当然だが、宝塚歌劇団「雪組」の望海風斗と圧巻のパフォーマンスを披露した。

 そのほか、歌うま俳優としてやはりお馴染みなのは、今年7月に2ndアルバム『LOVE』をリリースしたばかりの菅田将暉。彼はこのアルバムで、カリスマ的シンガーソングライター・あいみょんとコラボ。エロせつない楽曲で話題になった。また米津玄師とも何度かコラボしており、「ライバル」として認められているという。

1 2