ゴシップ

又吉直樹、壇蜜を図書館デートに誘うも…真のタイプは正反対!?

【この記事のキーワード】
又吉直樹、壇蜜を図書館デートに誘うも…真のタイプは正反対!?の画像1

吉本興業 オフィシャルサイトより

 7月28日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に壇蜜が出演。VTRに登場したピースの又吉直樹が、彼女との熱愛報道について言及した。

 今年6月、一部スポーツ紙で、“異色カップル誕生か”と熱愛が報じられた又吉直樹と壇蜜。すでに双方とも公の場で否定していたが、又吉直樹は同番組で「僕は前から壇蜜さんをテレビで見てファンだった」と告白。熱愛報道の相手が壇蜜だったため、「ちょっとドキドキした」と素直な心境を語った。

 さらに「もし壇蜜とつき合えたら?」との質問に、又吉は「スゴくいいと思います! 素敵な方ですから」と回答。デートプランとしては“図書館デート”を考えているとし、「一緒に図書館行って、離れた席で本読むとか」と妄想を膨らませていた。

 この又吉直樹のラブコールに、スタジオからは「お似合いですけどね」「つき合ったら?」と囃し立てる声が。すると壇蜜も、又吉との熱愛報道について「嬉しかったですよ」と笑顔。さらに、又吉に対して「家にいてもらってもかまわない」「毛布1枚持って転がり込んでくだされば」との大胆発言を繰り出したのだった。
 
 VTR越しのやり取りに、SNSでは「この2人にはマジでつき合ってほしい!!」「又吉と壇蜜は絵になる」「昔の小説とかに出てきそうなカップル」「2人ともどことなくレトロな雰囲気が素敵」といった声が続出。カップル成立を期待している人は少なくない。

 たしかに壇蜜は読書家を公言しており、コメンテーターとしても活躍するなど教養を兼ね備えているイメージ。その知的さがエロスに直結していることは言うまでもない。かたや又吉は、言わずと知れた芥川賞作家なので、周囲から「お似合い」と持て囃されることも頷ける。

 ただ、二人が実際に交際へと発展する可能性はあるのかと言われれば……正直なところ、微妙。というのも壇蜜は、又吉の女性の好みから若干外れているように思えるのだ。

 又吉は“ギャル系”の女性が好みであることを公言している。2012年に東京・渋谷の『SHIBUYA TSUTAYA』で行われたイベントでも、又吉は自身のギャル好きを堂々アピール。いわく「それまではギャルが怖かったけど見た目の怖さと中身の優しさのギャップにやられた」とのことで、26歳の時に突然ギャルの良さに目覚めたのだとか。ちなみに、一緒に登壇していた相方の綾部祐二は、又吉直樹はギャルの中でも“鬼ギャル”好きだと暴露している。

1 2