連載

ブランドバッグ10個以上を所持する「オシャレな男」とセックスしたら現実が見えた

【この記事のキーワード】
18禁出会い系実況

18禁出会い系実況!

めちゃくちゃバッグが欲しい、白雪魔夢子です、こんにちは。

「バッグはジュエリーのように変えるべし」

最近、オシャレ本でその文言を読んでからというもの、『服はベーシックに。そして、小物で差を付ける』という言葉が頭の中でぐるぐる回っています。

その本のとおりに家にあるベーシックな服を着たら、「すんげえ地味なおばさん」にしかならなくて衝撃を受けたのが一昨日のこと。バッグだ、早急にオシャレなバッグを買わねば!! と思っていたら、こんな男子と巡り合いました。

「男だけどジミーチュウとか好きですよ。バッグは10個以上持ってます笑。男だけどバッグ好きです」

彼の名はK氏。39歳。プロフィール写真にはオシャレなフレームなしのメガネをかけた男性が映っていました。雰囲気、レイザーラモンHG。髪はベリーショートでおでこを出したスタイル。こういうランダムな束感って実はスタイリングにすごくこだわっているって、あたい知ってる。

彼のプロフィールは当たり障りのないものでしたが、彼の入っているコミュニティを見て、白雪は「これは……!」と思いました。

『シンプルファッションが好き』『オシャレが好き』『さりげないおソロコーデに憧れる』『おしゃれな人と出会いたい』『2人でオシャレを楽しみたい』――そう、大量のオシャレ系のコミュニティに入っていたのです。

この人と出会ったら、わたしのオシャレ経験値もあがる気がするゥ!!

白雪は彼に会ってみたいと思ったのでした。

洒落たスポーツカーで登場したK氏

K氏は同じ市内に住んでいるとのことだったので、わたしの家の近くのコンビニまで迎えに来てくれることに。

真っ白なスポーツカーが止まってるな、と思ったら、それがK氏の車でした。

K氏は写真通りのオシャレな男性でした。服はシンプルなんだけど、素材が良いのか、パンツには光沢感があるし、ニュアンスカラーっていうの? グレーとベージュの中間みたいな色合いのパンツなんです。めっちゃおシャンティ。だけど肝心のバッグがない……?

白雪が後部座席の方をチラ見したとき、K氏が「バッグはこれからいっぱい見せてあげるよ~」と言いました。

これから、いっぱい……??

K氏「今から俺の家に向かうからね」
白雪「え。K氏の家に行くの??」
K氏「うん。俺、一人暮らしだから全然大丈夫!」

じ、自宅かあ……。
『知らない男の家』に行くのってどうなんだろ……。

とはいえ、この目の前の優男がいきなり包丁持って追いかけてくるとは思えないし、セックス目的で襲いかかられる分にはむしろウェルカム。オシャレな人の家ってどんなふうになっているのかも気になるし、お邪魔してみよう、と白雪は思い直しました。きっとこざっぱりしていて、生活感がまるでなくて、キッチン用品までシャレオツなんだろうなあ~。

高級品を手に入れるための代償

勝手にデザイナーズマンションみたいな家を想像していましたが、K氏の家は木造アパートの2階でした。「家は帰るだけだし、お金かけたくないんだよね~」というK氏。カンカンと鉄骨の階段をあがって突き当りの部屋に入ると、むあ……とこもったオスの匂いがしました。

K氏「あっついなあ。シャツがもうべしょべしょだよ~。すぐクーラー付けるね」

そう言いながら、K氏はシャツを脱いで洗濯機に入れる……と思いきや、ハンガーにかけてクローゼットの中に入れました。

え……??

『汗でべしょべしょ』のシャツをクローゼットに入れちゃうの……?

そして、K氏は「いつもこうやってるんです」という感じでパンツも脱ぎ、これまたクローゼットの中へ。

いや……。わたし、ワンピースだけどめっちゃ汗かいてるよ?
そのパンツ、汗かいてるっしょ……?

白雪「服、洗わないの?」
K氏「洗わない、洗わない! 洗ったら傷んじゃうじゃん。俺、服はワンシーズンほとんど洗わないよ」

き、きたねえええええ!!!!

その昔読んだ婚活記事に『男性の皆さん、服が本当に清潔かどうかは関係ありません。大事なのは「清潔に見える」という「清潔感」です』と書かれてあって、「そうそう、パリッとしたシャツにセンタープレスの入ったパンツとかね~」と斜め読みしたことがあるけど……、これが清潔『感』なのかと驚愕。

車の中でパッと見たときには「オシャレでステキ」だと思ったけど……このクローゼットの中の服がみんな汗をたっぷり吸っているのかと思うと、ぞぞぞ……。

K氏は「俺、テレビ見るときはベッドで見るんだ。一緒に座ろう」とベッドをポンポンと叩くのですが、ベッドの上の布団はせんべい布団でベッドも骨むき出しのパイプベッドだから痛いし、一張羅を脱いでスウェットを着たK氏はなんだか急に所帯じみた感じだし、シンデレラの魔法が解けた気分……。

壁にかかっているバッグはたしかに30万のジミーチュウでしたが、その壁は茶色く日焼けしていて、壁に画びょうで打ち付けた美容室からのハガキには『カット300円割引』の文字……。

K氏「声は出しちゃだめだよ。お隣さんに聞かれちゃうから……ね?」

そう言いながら、K氏はわたしのワンピースも脱がさず、パンツだけ脱がして挿入してきました。

次の瞬間

「ギシギシギシギシ!!!!」

とすごい勢いでパイプペッドが揺れ始めました。おいおいおいおい、壊れる、壊れる。底抜けちゃうよ……!!
これ、わたしが声を出さなくても、お隣さんは「またやってんなあ……」って思ってるんだろうなあ……。

 

 

今回の感想『K氏には夢を売る男であってほしい』

わたくし、思いました。K氏のような男性とは外で会うべきだ、と。ステキな車にステキな服。それらを維持するために、ぼろぼろのアパートに住み、ホテル代をけちって家でセックスしている39歳、それが現実だなんて知りたくなかったです……。

はあ。わたしのバッグ熱もだいぶ冷めましたよ。あのボロボロの壁にかかっていたジミーチュウのバッグを購入したら、わたしもK氏と同じような生活になるんだろうなあ……。

白雪魔夢子

大学卒業後、プロニートとして活動。毎日15時間オンラインゲームをして、ギルドマスターまで上り詰める。しかし、三十路を過ぎ、ふと「私。もしかしてやばい奴なんじゃ?」と思い直す。その後、奮起し、出会い系サイトに登録。『どうしてそうなった』という忠告はおやめください。