ゴシップ

“赤飯”をお土産にチョイスして炎上!? 叩かれ過ぎな芸能人たち

【この記事のキーワード】

●Kōki,

 まずは木村拓哉の娘として注目を集めているKōki,。鳴り物入りでモデル業界に足を踏み入れた彼女だが、良くも悪くも親の知名度が高いため“アンチ”も少なくない。例えば今年6月は、Instagramのストーリーズで公開した写真が話題に。愛犬を膝に乗せた男性が写っており、「キムタクのプライベート写真!?」「手が男性のもの。絶対にキムタクでしょ」といった声が相次いでいた。

 また問題の写真には、「Dreaming on dad’s lap」(お父さんの膝の上で夢を見ている)という英文も。親子の良好な関係を思わせる微笑ましい1枚だが、ネット上では「はいはいキムタクアピール」「親の力を使って名前を売ろうとするな」「あまり親子アピールしてなかったイメージだけど、とうとう七光りを利用しはじめたか」などと叩かれている。

●木下優樹菜

 お次はすっかりママタレとして人気を博した木下優樹菜。彼女は藤本敏史との結婚をきっかけに、“きつい事を言いながらなんだかんだ夫が大好きな嫁”というキャラクターを確立した。しかしあまりにも藤本敏史とのおしどり夫婦っぷりが人気になったからか、少しでも“男の影”があると叩かれてしまう状態に。今年8月にはコロコロチキチキペッパーズ・ナダルとの写真をInstagramに投稿しただけで、軽いボヤ騒ぎになっている。

 彼女はナダルの肩に手を置いているが、どう考えても“ネタ投稿”でスキャンダル性は全く感じられない。さらに「Photo by PaPa」との文面もあり、藤本敏史が撮影していることも明らか。にも関わらずコメント欄には、「フジモンが可哀そう」「こんな写真を投稿するなんてがっかりした」「ファンもこんなツーショット見たくないでしょ」「マンネリかな?」とのブーイングが殺到していた。

1 2