ゴシップ

松岡茉優が先輩女優をバカにしすぎ?「性格悪い」と炎上

【この記事のキーワード】

 「ゴミ子役」時代のエピソードも、蒼井優よりも先に山里亮太を好きになったという発言も、いちいち一言余計な松岡茉優。そんな中でひと際物議を醸したのは、「先輩女優からの超イヤミなひと言」についてのトークだった。

 名前は明かしていなかったものの、松岡茉優はドラマ撮影中の打ち上げ“中打ち”で先輩女優から「どういうスタンスでやってるの?」と詰められ、「なんか思ってたのと違うんだよね。もっとやってくれる人だと思ってた」などと説教されたそうだ。

 どんなニュアンスでの説教だったのかわかりかねるが、松岡茉優は「私はその人のこと尊敬してなかったから聞かなかった」とバッサリ。ネット上では“彼女が尊敬してなかった”に関して多くの憶測が飛び交い、『問題のあるレストラン』(フジテレビ系)で共演した真木よう子などが疑われている。真木よう子側からしたらとんだとばっちりだ。

 実際誰の発言かはわからないが、嫌味ではなく「あなたならもっとやれる、頑張ってほしい」というエールと捉えることも出来るのに、相手を見下してスルーするとは、よほど尊敬できない女優からの筋違いなアドバイスだったのだろうか。ともかく、その女優のことを松岡茉優がバカにしているのは確かだろう。

 しかもこんな発言をすれば本人の耳に届くのは明らか。それすら怖くないほど、今の松岡茉優はノリに乗っているということなのかもしれないが、天狗にはならないでほしい。

1 2