カルチャー

下僕からヤンデレに一変!? ドS男子を犯す下克上陵辱プレイ

【この記事のキーワード】

 斗真がいくら解放するよう頼んでも、全く聞く耳を持たないはるか。それどころか「外したら斗真くん、他の女の子のとこ行っちゃうでしょ?」「斗真くんは私の下僕。私だけのものなんだから」と病んデレ感たっぷりです。物語の主人公が完全に闇堕ちするとは、なんて斬新な展開。しかもこの後はるかは“媚薬”を取り出し、斗真に無理やり飲ませます。徐々に彼の身体は火照っていき、少し触れただけで「あんッ」と可愛らしい声が漏れ出すように。た、たまらん……。

SILK LABO公式サイトより

SILK LABO公式サイトより

 媚薬のおかげで、斗真の感度は抜群。犯されているにも関わらず、彼の股間ははち切れんばかりにパンパンです。はるかがその膨れ上がったおチンポをひと舐めすると、斗真から「あッ、嫌ッ、あぁッ」と悦びの声が。そのままクチュクチュとおチンポをしゃぶられて、彼はこみ上げる興奮を抑え切れません。はるかから手コキをされた際には、喘ぎ声と一緒に「気持ちいい」とつい本音を漏らしてしまいます。

SILK LABO公式サイトより

SILK LABO公式サイトより

 やがて彼は「そのまま続けたらイッちゃうぅぅぅ」と半べそをかき始めますが、はるかの猛攻はまだまだこれから。むしろ彼女を興奮させてしまったようで、「イッてるとこ見せて?」「お姉ちゃんに見せてよ!?」と言いながら手コキ地獄をお見舞いします。斗真は「嫌だッ、ダメッ、やめて……」「あぁッ、あぁッ!」と終始感じまくり、最後ははるかから騎乗位を強要されて同話は幕切れに。その日の伊集院家には、斗真の「お姉ちゃんッ、お姉ちゃんッ」と呼び続ける声がいつまでも響き渡っていました―。

 狂気色に染まった“歪んだ姉弟愛”を拝みたい方は、本編を心してご覧になっては?

【作品視聴はこちらからイケます↓】
PC版
SP版

1 2