連載

実力派女子アナも絶賛する、安住紳一郎の「卑屈でネガティブ」な魅力

【この記事のキーワード】

 すると、東野が「安住アナの何がそんなに凄いんですか?」という疑問を投げ掛けた。渡辺アナいわく、「アナウンサーは“喋る能力”と“(原稿を)読む能力”で分かれたりしている」ので、原稿を読むのが上手い人が臨機応変にフリートークもできるとは限らず、そのどちらをも両立させるというのは難しいことだそうだ。だから、それぞれアナウンサーは適材適所で担当するポジションが分かれるとのこと。それなのに、

「安住くんの場合は、(原稿を)読んでいても喋ることがパッと出来るし、しかも喋る時に『俺が俺が!』はないんですよ」
「自己主張はしないのに存在感が出せる!」

 と、安住アナの凄さはそういったところにあるのではないかと解説する渡辺アナ。そして、「男性アナとして共演し易いのでは?」と他の出演者に話を振ると、元日テレの松本アナは、かつて同じ局のアナウンサーだった羽鳥慎一を引き合いに出して、「(人気男性アナウンサーとして)2人ともスポンジみたいにいろんな人のコメントをスーっと受け止めて、凄くソフトに返して、でも相手を必ず立てていて、羽鳥さんにはない“卑屈さ”が(安住アナには)ある。それがもの凄く素敵だと思います」

 と、安住アナだけでなく、羽鳥アナもまとめて一緒に絶賛しちゃうのであった。ほんと褒めまくるよね~♪

 元フジテレビの近藤アナも、同じように安住アナの能力の凄さを感じているとのことだったが、かつて自分の担当するラジオ番組に安住アナをゲストとして招き、初対面した時には驚いてしまったそうだ。

「イメージとしては、“今を時めくスターアナウンサー”だったんですが、“暗いなぁ……”っていうのが第一印象」
「この人こんなに暗いんだ~!」

 と、安住アナのあまりの暗さに衝撃を受けたそうだ。これにはスタジオ中が大ウケしていた。まぁ、第一印象でそこまで暗くっても、安住アナは人気者になれたわけである。自分をネガティブ発言で落としながらも、結果的に周りを盛り上げてしまう不思議なスキル。実力派女子アナたちも認めたこの「卑屈でも許されるスキル」は、安住アナだからこそ生み出されたスキルなのかもしれない。

 ただネガティブなことを一方的に言い続けるのは、「暗くて卑屈な人」という印象を与えるだけで終わってしまう。もしかしたら安住アナの“卑屈さ”は、相手の懐にいつの間にか入り込めて、その人の魅力をも引き出すことのできる、驚くほどプラスの武器となっていたのでは?

 そう考えると、“卑屈さ”も使い方次第ではそんなに悪いものでもなかったりして……。これからもいろんな番組で安住アナの“卑屈トーク”がガンガン連射されて行くと思うが、その時に相手(ゲスト)がどんな反応を見せるのか、どの辺りで相手の懐に入り込めたのかを探しながら見てみるのもなかなか面白いかもしれない。まぁ、番組を見始めたらそんなことは忘れてしまって、ただ単純に安住アナの“卑屈トーク”を楽しんじゃうんだろうけども。

■テレ川ビノ子 / テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

backno.

1 2

テレ川ビノ子

テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!