恋愛・セックス

セックス中の「ブサイキ顔」を回避する4つの方法

【この記事のキーワード】

首を反らせて横を向く

 ブサイキ顔になりそうになったら、首を反らせて横を向くようにしましょう。首筋が出ることでセクシーさが増す場合もありますし、横を向くことでブサイキ顔が見える範囲が狭くなります。ブサイキ顔は、真正面から見たバージョンが1番ブサイクです。それだけでも回避しておけば、彼をドン引きさせるという不測の事態を免れる確率は上がります。

ブサイキ顔はバック or 側位の時のみにする

 正常位や座位などの顔が見える時だけはとにかく表情を作って自分なりの可愛いイキ顔を徹底し、本来のブサイキ顔は、顔が見えない体位の時に解放するというシンプルな技です。顔が見えている限り、全力で感じられないというリスクがあるので、ブサイキ顔を晒すことと感じまくることのどちらを優先するのかご自身で判断した上で行って下さい。

常にキスができる距離感を保つ

 キスをする距離ではブサイキ顔はまずバレません。逆に、キスはできないけどある程度顔が近い距離というのが最も危険です。彼と向き合っている時に必ずキスができる距離を保っていれば、ブサイキ顔を見られることもなく、密着感も高まります。キス好きの人は取り入れやすいかもしれません。ただし今度は口臭が気になってしまうかも。

 こんなふうに、ちょっとした工夫でブサイキ顔をごまかすことが可能です。なお、女性にとっては顔から火が出るほどに恥ずかしいブサイキ顔ですが、男性側からは「思いっきり感じてる表情が可愛い」という声も聞こえてきます。果たしてそれは本音なのか、元々顔立ちが整っている女性限定なのかはわかりませんが……。自分のブサイキ顔に少しでも不安を感じた方は、上記の方法をぜひ一度お試しあれ!!
(リオネル・メシ子)

1 2