ゴシップ

日本のファンなめんな!! 実力派K-POPアイドルの手抜きライブに物申す

【この記事のキーワード】

 司会と通訳の無駄づかいじゃないかと感じる、ゆるい進行のジャンケン大会を延々と眺めるのは苦痛そのもの。メンバーの一挙手一投足にキャーキャーと黄色い歓声を上げて楽しんでいるファンもいたので、意見はさまざまだと思いますが、私と同様にしらじらとした表情を浮かべている人たちも少なくありませんでした。

 おまけに、似たようなゲームコーナーやプレゼントコーナーがさらに続くではありませんか! 客席のファンを選んでステージに上げてメンバーと一緒に算数の問題を解くという「BBハイスクール」はYouTube上でやってくれよ! という内容だし、メンバーの私物プレゼントも悪くはないのですが、冗長になるし、昼の部の「ファンミーティング」で終わらせておけばよかったのでは? と思います。

 この日は公演終了後にメンバーとのハイタッチ会がもれなくありましたが、さらにハグできる人や、またさらに楽屋訪問できる人の抽選もステージ上で行われ、なんか大盤振る舞いだなーという印象でしたが、逆を返せば、そうした「メンバーにさわれる、近くで会える」チャンスを売りにして、コンサート全体の完成度についてお茶を濁されてる感が強くしました。メンバーに会えればなんでもいーんだろ、ってナメられてんのかって。

ライブ、ちょれーっすね

 とにかく、なんでこんなに腹が立つかって、メンバーがこのコンサートに対して「汗をかいている」感がまったくしないところです。「日本での出稼ぎライブ、ちょれーっすね」とか裏で話してんじゃないのぉ? と疑いたくなるくらい、曲数にしろ、ステージ構成やパフォーマンスにしろ、こちらに訴えかけてくる「気合い」みたいなものが伝わってこない、残念すぎるコンサートでした。初めてBlock.Bを見た人は、次のコンサートにまた行こうという気持ちにはならないでしょうね。

 私も彼らのコンサートはこれで5~6回目ですが、なんだか回を追うごとに手抜き感が強くなり、「でも次こそは……」と期待しては常に裏切られるというパターンにそろそろ飽きてきました。かつては心から楽しめるライブもあったんですよ。リーダーのZICOのあふれる才能が光る楽曲がよいだけに、「なんでやれるのにやらないのか?」という失望感がハンパないのです。

 生き馬の目を抜く芸能界で切磋琢磨しているのに、自分たちのコンサートがほかと比較されるなんて考えてもみないんですかね? ここ日本では、彼らはほかのK-POPグループとだけ比べられているわけではありません。例えばジャニーズだったり、ビジュアル系バンドだったり、洋楽アーティストだったり、いろんなアーティストと同じ土俵で闘っているのです。生ぬるいことばかりしてないで、本当の意味で“やんちゃ”なパフォーマンスでガツンと言わせてくれる日……半分期待して待ってます。

 

画像の詳細/舞浜アンフィシアターの座席図。半円の所にメンバーが出てこないとなると、遠すぎる……

今週の当番=風田チヌ
そんなBlock.Bがニューヨーク、ワシントン、フロリダで米ツアーですって。英語ネイティブのメンバーがいないのにMC大丈夫なの?と老婆心ながら。

backno.

1 2