seriesend

ひとなめで暴発・突然の「元気玉」……早漏戦士とのデスマッチ!!

【この記事のキーワード】

 続いて、クラブで出会ったタイキ(30歳・仮名)について。彼はEXILEの弟分・GENERATIONSの関口メンディーをもう少し日本人っぽくした感じのルックスで、私がビッチ友達とクラブに行った際に、タイキの友達がビッチ友達をナンパしてきたことがきっかけで知り合いました。ラッキーなことに、ビッチ友達はタイキの友達がタイプで、私はタイキがモロ好み。そして朝方、タイキ宅に4人で向かい、それぞれリビングと寝室でセックスしていた時(まじでビッチ!)。フル勃起したちんちんにコンドームを付けたタイキが私のまんまんにそれをあてがい、半分ほど挿入したのとほぼ同時に、「あっ……」と声を上げたのです。

半挿入でまさかの「元気玉」発射

 「どうしたの?」と様子を伺う私をよそに、タイキはちんちんを抜きました。すると、コンドームの中には3分の1を占めるほどの大量の精液があり、タイキがイッてしまったことが判明。その早漏具合もさることながら、半分入れただけなのにあれだけのザーメンが出たことに驚愕しました。先端の精液溜まりでは収集がつかなくて、コンドームの下半分がぷっくりするほど溜まっていたので、ゴムの中の精液がドラゴンボールの「元気玉」っぽく見えたことをよく覚えています。よっぽど溜まっていたんですかね……。

 しかし、この暴発後にタイキは即座に回復を見せ、再びセックスすることができました。その時の挿入は体感時間で3分程度でしたが、続けて2回できたので一応満足しました。早漏でも、回復力があれば問題ないと思います!

 そして、ビッチ友達とタイキの家を後にした私は、すぐにタイキの暴発と元気玉について話しました。私たちの間でタイキのあだ名が「元気玉」になったのは言うまでもありません。

 こんなふうにつらつらと早漏エピソードを語りましたが、結局は早漏でも遅漏でもセックスできればいいんです(欲を言えば、早漏の方には回復力が、遅漏の方にはコントロール力があれば嬉しいのですが)。とりあえずセックスできるだけで、ビッチ的には感謝感激雨あられなのですから。なお、この原稿を書くにあたって久々に「元気玉」が見たくなり、タイキに連絡をしてみたのですが、なんと彼は福岡に転勤したとのことでした。バイバイ、元気玉……。新たな元気玉を求めて、ビッチ活動に励むとします!

■Lollipop-Rumiko(ロリポップ-ルミコ)/通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

backno.

 

1 2

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。