インタビュー

最高峰の緊縛師・有末剛さんに顔面緊縛開発されちゃったキュウ!

【この記事のキーワード】

ギターとエロ本を交換!? 緊縛師のわらしべ長者伝説

――社会人としてもまっとうな有末さんだけど、緊縛師になっていなかったら何になっていたのキュウ?なりたかった職業があれば教えてキュウ。

有末「昔、ギターが流行っていた時に、ギター弾きに憧れましたね。それでギターを買いに行って、帰りに友達のところに寄ったらエロ本がいっぱいあって。なんかそのエロ本が欲しくなってしまって。友達に『ギターと交換するか?』と聞かれたから、『交換する』って言って、買ったばかりのギターを置いてエロ本をどっさり持って帰りましたよ。ギターは3000円くらいで、エロ本はいくらしたのかわからないけど、目の前にギターとエロ本があったらまずエロ本と思って。それでギターは挫折しましたね。それくらいエロ本って魅力がありました。本屋でエロ本を買うのも、他の何かに挟んで買ったとか。エロ本を買うのも必死な時代でしたからね」

――わらしべ長者みたいだキュウ~。そのギターと交換したエロ本が、有末さんが緊縛師になる未来を後押ししたのだと思うキュウ。緊縛の神様が、有末さんがギターを諦めて緊縛界へ進むように仕向けた運命(さだめ)としか思えないキュウ~。

ギターと交換してくれたお友達サン・キュッ☆

ギターと交換してくれたお友達サン・キュッ☆

危うい緊縛願望女には要注意だキュウ!

――有末さんの緊縛に憧れて、『縛ってください』とおねだりする女性はいっぱい来るんですかキュウ?

有末「それは『ミッション』ですね(不敵な笑みを浮かべながら)。まあ、そこに女性と縄があるかぎり……ですね」

――そこに縄があるかぎり……!!! うぉおおお濡れちゃうキュウ♡ あたしも縛られて美しくなりたいキュウ~♡ でもね、あたしが言うのもアレだけど、緊縛願望のある女って地雷っていうか……ぶっちゃけメンヘラ率高くないかキュウ? ファッション感覚で緊縛されたがるメンヘラ女って多いと思うのキュウ。

有末「そうですね……。ちょっと負のオーラのある人はいますね。緊縛の世界ってエネルギーの交換なんです。いいエネルギー交換ができないと、こっちのエネルギーだけ持ってかれちゃう。なので向こうからもエネルギーをもらって、こちらからもエネルギーを出してって双方にいい形じゃないと危なくて近づけないですよ。そのうえで、今は危ない人を避ける本能が働きます。若い時なんてそんなのわかんないから、いろんなハードでヘビーな女性も縛ることはあったけれど、それに対する防御本能というか免疫がつきます。免疫をつけながら山を登って、たどり着いたのが今という感じですね」

――緊縛の世界はエネルギー交換……女という山……! キュキュキュ~! ちょっぴりスピリチュアルな名言連発に濡れるキュウ~。

……ねぇ有末キュン。あたしという山にも登ってみないキュウ?
実はあたし、インタビュー中ずーっと縛られたくてウズウズしてるキュウ!!!
お願いキュウ、あたしを縛ってキュウ~!

有末「『ミッション』ですね(不敵な笑みを浮かべながら)。……そこにしQと縄がある限り、お受けしましょう」

しQちゃん緊縛デビュー☆顔面亀甲縛りだキュウ!

 有末キュンの緊縛の手際はすばらしくて、縄はまったく痛くないし、ぶっちゃけ気持ち良かったキュウ。あたしの身体をシュルシュルと這う縄はまるで蛇のよう……。

arisuesan051607

キュッ

arisuesan051608

キュキュッ

 そう、縄は蛇。あたしは花だキュウ~!!

arisuesan051605

神々しQ

arisuesan051604

世界初のゆるキャラ緊縛キュウ!

サンキュウ!!!!

サンキュウ!!!!

――(縛られながらインタビュー)昔と今と『縛ってください』って言ってくる女性の傾向は変わらないキュウ?

有末「僕も最初に緊縛を見たのは『花と蛇』シリーズなんですが、60年代後半か70年代初頭は学生運動とかの鬱屈したエネルギーがそこに向かってたいるような感じだったんです。その時代と比べると、杉本彩さんの登場がキーポイントになり、変わってきたように感じます。いわゆる開放された女性たちが『私M女なんで縛ってほしいの』と当たり前に言ってもいいような時代になっていて。時代の波というか空気を作ったのが杉本さんだったと感じますね」

――杉本パイセン、マジ尊敬しちゃうキュウ〜。有末さんは杉本彩さん主演の『花と蛇』にも調教師・鬼源役で出演しているキュウ。必見キュウ!

有末「杉本さん以降、一気に『私M女です』って言う女性が増えたんです。(M女が増えたというか)『私も言ってもいいんだ』って思った女性がね。現在40代以上の、ちょうどバブル世代の人たちです。それより下の世代の女性は、もっと落ち着いた感じで、突っ張ることなく欲望を発言しているような感じはしますね。だから世代によって全然違うと思います。好きなことを正直に言える世代が今増えてきていますよね。緊縛師として時代を観察していると面白いんです。時代によって女性の意識も変わりますから。緊縛の現場に立っていると時代って肌で感じられるじゃないですか。そういう感覚ボケしないので、なるべく実践で、やることはひとつ(笑)実践の場は真剣勝負です」

時代は女が作るもの。……メッチャいい声で、熱く語る有末さん。彼のサングラスの奥で、瞳が鋭く輝いている。囁かれ、縛られていると、あたしはまるで彼に抱かれているかのような気持ちになる。
身体の奥が、子宮の奥が……熱い。なのにあたしの肉体は動かない。
もう我慢できないキュウ!!
あたしの肉体は彼を求めているのに、縄で縛られて動けない。
ううん、縛られているのは肉体だけじゃない。
あたしはもう、心まで縛られてしまったキュウ……!!!

はぁ……しQ、また1つ大人の階段を上がってしまったキュウ。
ちなみに緊縛師として百戦錬磨の有末さんも、ゆるキャラを縛るのは初経験だったそうキュウ。ゆるキャラ童貞、美味しくいただいちゃいましたキュウ☆

映画『花と蛇 ZERO』公開情報

【STORY】監禁された少女の調教シーンがライブ配信される謎の有料動画サイト「バビロン」を追ううちに、調教の罠に陥る女性刑事、雨宮美咲。夫の借金のカタに監禁・調教される美しき人妻、遠山静子。「バビロン」で静子のファンとなり、性欲をもてあます主婦、瑠璃。3人の女たちの運命が謎のサイトを中心に絡み合い、性の悦びに目覚めていく――。(R-18指定)
【出演】天乃舞衣子、濱田のり子、桜木梨奈、津田寛治、川野直輝、榊 英雄、辻本祐樹、菅原大吉、木村祐一
【監督】橋本 一
【製作・配給】東映ビデオ

■子宮のゆるキャラ(妖精)しQちゃん /アイドルに貢ぐために週5+日払いバイトで馬車馬のように働いているキュウ。生理前は情緒不安定になるけれど、今日も元気に頑張りまシュッサン☆ Twitterアカウント【@sheQchang】

backno.

 

1 2

しQちゃん

子宮のゆるキャラ(妖精)。アイドルに貢ぐために週5+日払いバイトで馬車馬のように働いているキュウ。生理前は情緒不安定になるけれど、今日も元気に頑張りまシュッサン☆ 

@sheQchanz